ご自由にお取りください

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ご自由にお取りください(-じゆう-と-、Take free)とは、人を一瞬のうちに虜にする呪文の一つである。 でも、あんまり使いすぎたら禁断症状やフラッシュバックが起こるから使いすぎたらダメ、ゼッタイ。

概要[編集]

人はみな、自由(じゆう、liberty、freedom)に憧れるものである[不要出典]。自由という言葉のもつその響きが、無限大の可能性を思い起こさせるためである。それを手に入れてもいいし、手に入れなくてもいい。それはあたかも駅前で配られているピンクチラシやポケットティッシュを貰ってもいいし、無視してもいいかのごとくである。それほど自由とは素晴らしいものであり、それだけでも「自由」という言葉がもつ計り知れない引力の強さを感じることが出来るのである。そしてそれは逆説的に、自由に取っていいという事は逆に「自由に取れるものは何でも欲しい」⇒「取らなくちゃ」という暗示をかけることでもあり、かえって不自由な拘束力(プレッシャー)を発生させてしまうことも少なくないが、何せ無料(むりょう、タダ)である。自由に対する獲得欲求が無意識下にはたらきかけ、そのトドメとして燦然と輝く「無料」の二文字。どうせお金がかかる訳でもなし、伸びかけた手をそのまま惰性で伸ばし……無造作にそれを手に取ったのであった。結局は後でゴミになるのだが、まあいいか

[編集]

焼き肉屋の(あるいはガム)
あまり取りすぎると店員から白い目で見られるので注意すること。
旅行パンフレット
これも目にする機会が多い。駅などに設置されているが、衝動的に旅行したくなってしまうので注意すること。
求人パンフレット
これは主に求職者が利用するが、有職者が手に取ると転職衝動に駆られるので注意が必要である。また、パンフレットに書かれていることと実際の仕事内容が違いましたなんてことが往々にしてあるので、書かれていることを額面通りに妄信するのは危険である。
賃貸情報のパンフレット
気まぐれに引っ越ししたくなる衝動に駆られるため、注意が必要である。
電化製品のパンフレット
買う予定のない人が手に取ると衝動買いによってゴミが発生。環境破壊につながるため、厳に慎むべきである。
試食コーナー
言うまでもない
時刻表
お察し下さい
ポイントカード
ラーメン屋等でよく見かけるだろう。これは有効に使えばかなりお得[不要出典]である。
コンビニの棚に並んでいるもの
これを持って行けば893的な人優しい店長とお話できるよ。どんなことを話すのか、みんなもその耳で確かめよう!

いずれにせよ「いらないもの、無価値なものをいくら手に入れてみたところで、そこから価値が生まれることはたぶんない」というのが社会人の心得である。

関連項目[編集]