この人管理職です!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「管理職」の項目を執筆しています。

この人管理職です!(-ひとかんりしょく-)とは、日本会社で多用される、大して偉くもない自社の社員に対して人件費削減を目的に詠唱する魔法呪文である。

概要[編集]

有史以前[編集]

無計画に増えすぎたバブル世代により、日本の会社では様々なコスト削減が求められていた。どこかの偉い団体中の人「ヒトに一番金がかかるから人を減らせばいい」という持論をそれ系の雑誌で発表したところ、真に受けた会社の偉い人が、会社の人事と呼ばれる部署に圧力をかけたことに端を発する。

そこで人事は脳みそを使い、あらゆる方法で人とそれにかかるカネを減らすことを考えることにした。人事と書いて「ひとごと」と読むが故に、「自分が減らされるワケじゃないしどうでもいいや」と特に何も気にしないで人を減らす計画を実行に移した。具体的には次の様な作戦が決行されることとなった。

結果、短期的ではあるが人件費は大幅に削減され、人事の一番偉い人が報告したところ社長は結果に大変喜び、焼肉を食べることを許可したという。

リストラの弊害[編集]

リストラで一定の成果を上げることに成功した人事だが、人が減ったことで現場ではさまざまなしわ寄せが生じることになった。過労死デスマーチが常習となり、常に仕事のチームは欠員だらけで人手が足りない、でもお金はかけられない。さらに、増えすぎた団塊の世代厄介払いされる大量に退職することがほぼ決定的となったことから、後継者を育てるという観点から考えても、これまでのようにホイホイと容易に人を切れなくなった。そのため、人事はまた社長からあらぬ圧力をかけられるハメになった。

「この人管理職です!」の誕生[編集]

人事は過去最大級の業務会議を招集し、考えに考え抜いた。もはや万策尽き果て、ついに第二次リストラを決行するか否かの採決への秒読みカウントダウンを迎えつつあった。すでに他の部署からのブレインも多数集めて、あらゆる側面から人的コストを削減する方法を模索した。それでも社長から厳命されていた「可能な限り頭数を減らすことなく、一人にかかるコストを削減せよ」という目標の到達方法が、どうにも見あたらない。ボーナスは削った。各種手当ても削れるところは削減の限りを尽くした。人員整理は完全に行われ、もはやお茶くみしかできないOLやただ頭数だけいたオヤヂも駆逐した。まだ何か削れそうだが、その何かがわからない。会議の議長として座っていた検閲により削除検閲により削除歳が、「検閲により削除事業部の余剰人員を業務圧縮により解雇することでコストを削減する」というこれまでに行われた会議の結論とするための議決を採るために声を上げようとした。その時である。

入社検閲により削除年目の法務部の期待のホープ、検閲により削除の右手が会議室の天井に向かってまっすぐと伸びていた。検閲により削除は思った。「こいつなら、何か策をもっているかもしれない」。検閲により削除は、検閲により削除を指名した。

労働基準法によると、管理職に残業代を払う必要がないとあります。ある程度の職についている者を、全員管理職にするというのはどうでしょう?」

検閲により削除の脳裏に、閃光が走った。そうだ。労働基準法41条2号では、管理職に残業代を支給する必要についての明記がされていない。残業代は、特に22時を越えた場合に少なくとも基本給の1.25倍支給しなければならない。それだけの額を浮かすことができる。検閲により削除は、唸った。

--プロジェクトX 挑戦者たち~ 残業代を減らせ! 名ばかり管理職を造り上げた男

という涙ぐましい総務部や人事部連合の努力があって、適当に見繕ったオッサンや、そこそこ偉くなってきた若造を根こそぎ管理職に認定して、彼らの残業代をゼロにした。当然残業の時間は変わらないか、むしろ増えていることは誰も気にしない

つかいかた[編集]

詠唱はそれほど難しいものではない。次の手順に従えば、唱えられた人は残業代という概念から解放されます。

  1. 管理職にしたい人たちを定義する(適当な肩書き(「店長」とか「マネージャー」あたりがベター)があればそれだけで理由付けができる)
  2. 1.で決めた人たちの属性を魔導書に記述する
  3. 魔導書を手に、呪文を詠唱する。 「この人、来月から管理職です!」
  4. 唱えられた人たちの来月からの残業代はゼロです。めでたしめでたし。

効果[編集]

この魔法を使われた従業員の残業代は無くなる。会社は人件費が浮いてハッピー(とは上手く行かないようだ)残業代が無くなっても、残業が無くなるわけではない。むしろ残業が増えて過労死一直線の可能性もある。

問題点[編集]

一見魔法なので何の問題点もないかのように見えるが、様々な問題を引き起こしており、現在ではおおっぴらにこの魔法を詠唱することが減ってきている。しかしながら、給与支払いに企業がかけている金額はそれほど変わっていない点についてはお察し下さい

詳しくは頭の固い辞典を読めばわかるよ。

著名な魔導士たち[編集]

関連項目[編集]