こども銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
株式会社こども銀行
The Bank of Kodomo, Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 BOKO、こどぎん
本社所在地 〒220-8190
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号
横浜ランドマークタワー
電話番号 045-225-1111
設立 1948年1月1日
(横浜子供相互銀行)
2006年4月1日
(こども銀行)
業種 銀行業
金融機関コード 0002
SWIFTコード BOKOJPJT
事業内容 銀行業ほか
代表者 頭取:白川方哉
資本金 0.7億万円(6,650億円)
総資産 91億万円(91兆5,372億円)
従業員数 17,691人
決算期 3月31日
主要株主 株式会社こどもフィナンシャルグループ 100%
外部リンク http://www.kodomo-bank.com/
こども銀行のデータ


所在地 〒220-8190
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号
横浜ランドマークタワー
電話番号 045-225-1111
英名 The Bank of Kodomo, Ltd.
統一金融機関コード 0002
SWIFTコード BOKOJPJT
代表者氏名 頭取:白川方哉
日本銀行総裁・白川方明の孫
店舗数 日本国内:684店
日本国外:35店
(ネット支店等は除く)
従業員数 17,691人
資本金 0.7億万円(6,650億円)
総資産 91億万円(91兆5,372億円)
貸出金残高 53億万円(53兆7,564億円)
預金残高 66億万円(66兆2,350億円)
設立日 1948年1月1日
(横浜子供相互銀行)
2006年4月1日
(こども銀行)
外部リンク こども銀行
本店が入る横浜ランドマークタワー

株式会社こども銀行(こどもぎんこう、為替略称:コドモ英称The Bank of Kodomo, Ltd.、略称:BOKOこどぎん)とは、こどもフィナンシャルグループ傘下で、神奈川県横浜市に本店をおく、顧客や行員などを20歳未満の未成年者に限定した都市銀行である。同行は、子供の金融に関する知識水準を向上させ、第2・第3の村上世彰を生み出すことを行是としている。コーポレートスローガンは、2006年に制定した「子供がお金を儲けるって、悪いことですか?[1]

概要[編集]

もとは、太平洋戦争後すぐに設立された「横浜子供相互銀行」に端を発する。保護者によるお年玉の管理体制に不信感を抱いた横浜の子供数人が、時の首相である吉田茂に直訴。当初吉田は取り合わなかったが、「ゆくゆくは選挙権を得る未来の有権者に耳を傾けるべきだ」という子供たちの説得を受け、自らのポケットマネーから資本金の一部を、GHQもチョコレートや飴玉を現物出資して設立された。こども銀行が成年者に対して出資を認めているのは、前述のように資本金の一部が「大人」から出資されたことが由来している。ちなみに、当時GHQから出資された物品のレプリカは、横浜市にある「こどぎん貨幣博物館」で展示公開されている。

高金利に加えて、玩具産業や菓子業界など子供に関連する産業へ特化した融資姿勢は、世の子供たちの支持を大いに受け急速に業容を拡大、1967年には、当時全国に8つあった子供系金融機関を合併し「子供銀行」に商号を変更、同時に都市銀行への仲間入りを果たした。

しかし、競合他行から「じゅうたん爆撃融資」と評された、バブル経済期に拡大したコンピューターゲーム系企業に対する融資の一部が不良債権化したことや、バブル経済崩壊後のお年玉の減額、子供たちの貯蓄に対する意識の低下、保有株の評価損続出などの様々な悪条件が重なり、預金量の低下に歯止めがかからず、経営は次第に悪化していった。この時から日銀では公的資金注入の検討を始める。

特に経営に打撃を与えたのが、携帯電話の普及と新紙幣発行で、前者は預金量の低下に拍車をかけ、後者は新紙幣をひと目みたい子供たちがまとまった金額の預金を一度に下ろしたために現金が枯渇するATMや支店が続出、その後一気に取り付け騒ぎにまで発展した。このため、自己資本比率が大幅に低下、日本政府は公的資金の注入を決定し、一時国有化された[2]。現在の「こども銀行」は、都市銀行や全国の地方銀行が共同出資した持株会社「こどもフィナンシャルグループ(KOFG)」の傘下にあらたに設立されたものであり、旧子供銀行は事業譲渡の末、2006年に清算された。

その後景気回復に伴うお年玉金額の増加など、経営環境に対するプラス要因もあり、2007年度には当期純利益ベースで単年度黒字を計上している。また直近の報道で、世界的な投資会社である「ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)」からの出資を受けたことを発表しており、今後の動向が注目されている。

ちなみに、こども銀行の営業時間は創業時代から変わらず、午後3時から午後9時までとなっている。これは、幼稚園や小学校、中学校などへ就学している従業員に配慮しているためである。なお、ATMやネットバンキング(こどもダイレクト)は24時間利用できる。

行風[編集]

主に有名私立小学校在籍者、卒業生を採用する。一般的には「保守的」と評される日本の銀行界において、比較的リベラルな行風である。役員・部長を含め、上司を「さん」付けで呼ぶ、中堅行員はベルト代わりにサスペンダーを着用するなど、外資系金融機関的な雰囲気を醸し出している。

各種サービス[編集]

普通預金
  • 通常預金
    預金通帳の発行料や維持料は無料である。他の都市銀行とは違い子供を顧客としていることから、口座は1円以上から開設することができる。また、ATMでの預け入れや引き出しには、時間帯や曜日に関係なく手数料は一切かからない。ただし、提携している金融機関では手数料が発生する。
  • 通常貯蓄預金
    預金残高が10万円以上であれば、通常預金よりも高い利子が付けられる。その他の点については通常預金と変わらない。
定期性預金
  • 定期預金
    据置期間は半年から、預け入れ金額も千円から設定できることに加え、他の金融機関よりも金利が高いことから、多くの子供たちに利用されている。
  • お年玉定期預金
    定期預金よりも期間は長く、預け入れ金額は3万円以上が条件だが、高い金利が適用されるため、利用客の間では好評である。こども銀行もこの商品を主力商品に位置付けており、毎年の年始には「ハッピーとしだまキャンペーン」を大々的に行っている。キャンペーン時期になると全国各地で同じお年玉需要を狙う他行仁義なき熾烈な営業争いが繰り広げられており、営業担当行員だけでなく手が空いている行員を総動員して預入金額・口座開設数を増やすべく奮闘している。この時の姿はお正月における箱根駅伝に並ぶ風物詩とされている。だが、この時期は毎年、東京・大阪方面の支店に勤務する大勢の行員が国内外問わず出張してしまうため、人員確保に難儀している。一方で、出張した都市部の行員が、その行員と関係のある大人から資金を調達してくることも多々あり、行員はそれをライバル他行にかすめ取られることなく、自らのこども銀行口座に投入することで営業成績のUPにも繋がり、行員の士気も上がるというシナジー効果も生み出しており、年賀状処理に追われる郵便に並ぶ繁盛ぶりを見せている。
為替・振替
  • 振替口座
  • 電信振替
  • 電信払込み
  • 通常払込み
  • こどもダイレクト
    総合口座・振替口座の各種取扱いを、自宅や外出先などから利用できるサービス。窓口やATMが利用できない深夜や早朝でも、家庭の電話やパソコン、携帯電話から残高照会や電信振替などを利用できる。なお、子供を対象にした金融機関のサービスであるため、各社が提供しているフィルタリングサービス越しでも利用可能である。またモバイル向けにd-BOKOや、EZBOKOのサービスを提供している。(モバイル向けサービスの運用は、グループ企業のこどモバイルが担当する。)
  • 普通為替・定額小為替
    郵便局の「郵便為替」を模倣したサービス。ただし、現在ではゆうちょ銀行で行われている「為替」よりも手数料が安いなど、競合他行と比べて利便性が高いため、こども銀行の為替を利用する子供たちは多い。
  • 小切手払
    振替口座を持つ顧客に対して小切手を発行し、顧客はその小切手を支払いなどに活用する。
外国為替・外貨取り扱い
  • 国際送金
    口座に直接送金する「口座あて送金」に加え、普通為替証書を日本国外へ送付し、受け取り主が日本国外の銀行でその証書を換金する「住所あて送金」などのサービスが取り扱われている。
  • 外貨両替
    同行の前身である旧横浜子供相互銀行は、1954年に公布された外国為替銀行法に基づき、日本で唯一の子供向け外国為替専門銀行に指定された。これ以降は子供向けの外国為替業務を独占してきたが、1998年4月に改正された外国為替及び外国貿易法により、その特権的地位は失われることになってしまった。しかし現在でも、先進国の子供の間では「Kodomo」の知名度は依然として高い。
  • トラベラーズチェック
    こども銀行は経済協力開発機構(OECD)加盟国の首都にそれぞれ支店を置いているため、先進国の子供たちが日本へ訪れる際に、こども銀行のトラベラーズチェックが頻繁に利用されている。日本国内ではアメリカン・エキスプレスやビザ、マスターカードなどのものよりも、こども銀行のトラベラーズチェックが利用できる場所は多い。
その他
  • 給与預入
    お小遣いが支給される際に多額の現金を親から受け取るのを嫌う子供や、こども銀行の給与振込などに利用されている。
  • 国債
    保管料無料で個人向け国債(変動10年・固定5年)を販売している。最近では、多くの子供投資家たちが購入している。
  • 投資信託
    1998年12月から銀行窓口での投資信託販売が解禁されたことを受け、子供向けの金融商品市場の拡大を狙い参入した。競合他社は未成年者に対して、投資信託の販売を自主規制しており、事実上のこども銀行の独占となっている。また『こども銀行 グローバル株式ファンド』を筆頭に独自ファンドも運用している。主な組み入れ銘柄はタカラトミーやコクヨなどのおもちゃメーカーや文具メーカー、上野動物園や水族館などのエンターテインメント施設、任天堂やSCEIなどのゲームメーカーに投資を行っている。
  • キャッシュカード
    通常のICキャッシュカード(生体認証機能付き)に加え、クレジット機能付きICキャッシュカードのBOKO CARDが発行されている。またBOKO CARDに楽天Edyを加えたBOKO CARD Edyも選択可能。なおBOKO CARD/BOKO CARD Edyの発行はグループ会社のこどもカードが担当。
  • BOKOMoney(こどもカード)

全国の駄菓子屋や7イレブン、イオン、SEGAで使える、電子マネー。使うとpontaが貯まる。モバイル版もある。 月始めに口座から定額でチャージできる「おこずかいmoney」というサービスもある。 FeliCaに対応している。

成年になった者の預金と子供銀行券[編集]

成年に達した者の預金は、自動的に解約手続きが取られる。このとき口座に残っていた残高は、自動解約時までの利息分とともに、こども銀行が発行する証書(こども銀行簡易為替証書)の形で預金者に郵送される。俗に言う「子供銀行券」とは、この簡易為替証書の通称である。こども銀行は発券銀行ではないため、決してこども銀行が発行している通貨や銀行券ではない。

この証書は、全国にある郵便局の貯金窓口、もしくはゆうちょ銀行の直営店で換金できるが、無記名であり、日本銀行券がミニチュアサイズになったようなかわいらしいデザインであることから、交換せず証書のまま保持するコレクターも存在する。これらコレクターが高値で取引することから、成年までわざと口座を解約せず預金を残す者や、子供の名義を使って預金を続ける親もおり、証書の発行にかかるコストが旧子供銀行の経営を圧迫する一因となった。

このことから、こども銀行は銀行振込による送金に切り替えるべく検討中であるが、逆にこれが更なる預金流出につながると指摘する関係者もおり、対応に苦慮している。

現金自動預け払い機[編集]

ATMJ-S(三井住友銀行キッザニア東京支店)

業界に先駆けて沖電気工業と「現金自動預け払い機」を共同開発し、旧富士銀行とともに1971年から一早く運用を開始している。多くの年代の子供が使用するものであるため、預け入れ・引き出しと残高照会のみという必要最低限の機能しか搭載されていない。現在最も多く導入されている機種「ATMJ-S」は、三井住友銀行キッザニア東京支店などにも導入されており、「世界一使いやすいATM」として「ギネス・ワールド・レコーズ」に登録されている。

ブラックユーモア事件[編集]

1997年、玩具会社として融資を申請したブラックユーモア社(神奈川県第3新東京市)が、子供向けではなく「大人向けの玩具」を製造していたため、融資担当者をはじめ当時の頭取や融資担当幹部が処分された事件である。子供銀行は直ちに融資を引き揚げようとしたが、逆に一方的な融資引き揚げが契約違反であるとブ社から提訴され、最高裁までもつれ込んだ。判決は子供銀行側有利のものだったが、その後の融資審査体制や契約内容の見直しに大きな影響を与えた。事件の直接の原因は、融資担当者が弱冠5歳で、ブ社がサンプルとして持ってきた大人向け玩具の用途を見抜けなかったことにあり、子供銀行特有の問題が表面化した形となった。

年末年始に営業する銀行[編集]

年末年始は、お年玉定期預金を主力商品とするこども銀行にとっては年に一度の書き入れ時であり、全国の金融機関では唯一12月31日から1月3日まで営業を実施する。他の金融機関の窓口がすべて休業することから、特に両替業務の利用は凄まじく、新札をお年玉に利用したい一般客や近隣の小売店によるつり銭需要などが重なり、両替機設置店においては毎年営業時間中に列が途切れることがない。このため、年末年始においては経営状態に関わらず日銀特融が発動され、潤沢な資金が供給されるよう努めている。なお、この期間の代替休業は12月22日から25日に前倒しで設定されている。これは、クリスマスの時期はこども銀行の需要がない(=こどもの預金がクリスマスプレゼントに流用されることはあってはならない)とする創業時代からの経営信念の名残でもある。余談だが、ゴールデンウィークは他の金融機関とともに休業している。なお、最近では正月三が日にATMを稼働させる銀行も多く、こども銀行の最大労組「こどぎんユニオン」は過去の大会などで、ATMと両替業務以外の休業を経営者側に対して求めている。逆にお年玉定期需要を捌くために年末年始営業の必要性自体は全従業員は十分理解しており、こども銀行側もネットワークシステムのメンテナンスなどによるATM休止日程を絶対にこの時期に組まないように工夫している。

会長と頭取[編集]

こども銀行の会長は創業時から名誉職となっており、歴代の有名子役が就任する慣わしとなっている。初代会長は、当時子役として映画やラジオで活躍していた中村メイコが務めた。テレビCM・ラジオCMには、必ず会長もしくは歴代の会長が出演している。

歴代頭取は日本銀行の総裁の孫もしくは曾孫が務めている。これは、銀行の実務を頭取として統括できる子供が限られていることに加え、日銀がこども銀行に対して業務内容を監督・監視しやすくするため、日銀特融を受けやすくするためなどの理由があげられる。なお、2008年3月20日に新しく就任した白川頭取代行は、国会で日銀総裁が正式に決定しなかったため、日銀総裁代行(副総裁)の孫で副頭取に就任していた白川が創業以来初めて頭取を代行することになったものである。その後、2008年4月9日に日銀総裁が正式に決定したため、子ども銀行の頭取には同日付で白川頭取代行が昇格する形で就任した。

沿革[編集]

  • 1948年 - 「横浜子供相互銀行」設立。
  • 1967年 - 横浜子供相互銀行を存続行とし、北海道子供相互銀行、仙台子供信用金庫、関東こども相互銀行、名古屋子供相互銀行、大阪子供相互銀行、四国子供相互銀行、広島子供相互銀行、博多子供信用金庫を合併、普通銀行に転換し「子供銀行」に商号変更。
  • 1981年 - 任天堂と取引開始。後年のファミリーコンピュータ発売時に莫大な利益を出す。
  • 1989年 -海外進出。ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、モナコ、平壌の5店舗を営業開始。
  • 1997年 - セガバンダイの債権放棄に同意、両者の合併を促すも頓挫。初の単年度赤字に陥る。
  • 2002年 - スクウェアの映画事業に出資していた傘下のこどもアセットマネジメント(KAM)を清算、多額の赤字を計上。
  • 2005年 - 取り付け騒ぎから経営危機に陥り、一時国有化される。
  • 2006年 - 「こどもフィナンシャルグループ」設立。旧子供銀行が事業譲渡。「こども銀行」営業開始。
  • 2007年 - 五カ年計画「こどもリバイバルプラン」を発表。また、「ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド (TCI)」から出資を受けたことを発表。
  • 2008年 - 国会で日銀総裁が正式に決定しなかったため、創業以来初めて頭取不在の事態に。頭取代行には白川方哉が就任した。

関連会社[編集]

こどもフィナンシャルグループ[編集]

以下は、こどもフィナンシャルグループの全額出資子会社である。

  • 株式会社こども情報総合研究所 - シンクタンク。玩具・菓子類などに関する情報分析には定評がある。
  • 株式会社KOFGフレンズ証券 - グループ内の旧こども証券と旧BOKOフレンド証券との合併によって2009年1月に誕生した。グループ内での競合関係を解消し、経営基盤を強化させるために両者の合併は以前から検討されていたが、アメリカサブプライムローン問題に端を発する、こども証券の多額の損失発生を理由に延期となっていた。子供向けの証券会社としては国内最大手である。
  • 株式会社こどぎん総合金融準備 - 「こどもがつくる、おとなの銀行」をスローガンとする「おとな銀行」の2009年10月開業を目指して設立された準備会社。

こども銀行[編集]

以下は、こども銀行の全額出資子会社である。

  • こどもカード株式会社 - 子供向けクレジットカードの発行を行っている。
  • 株式会社こどもヒューマンリソース - 人材派遣会社。1日駅長1日署長等のコーディネートも行なう。
  • 株式会社こどもコンシューマファイナンス - 貸金業者。子供向けの消費者金融大手3社の一つ。最近では、業界に先駆けてグレーゾーン金利を撤廃した制限利率で営業している。イメージキャラクターには成海璃子を起用している。

こども銀行現地法人[編集]

    • 孩子銀行(中国)有限公司

過去の子会社[編集]

  • 株式会社こどもアセットマネジメント - 経営破綻し清算。
  • 株式会社こどぎんマスターカード - こどもカード株式会社と統合し解散。
  • 株式会社こどぎんリース - 設立当初は乳母車やベビー服など、子供の福利厚生に役立つ一般消費財を供していた。しかし次第に子供向け案件しか融資できないこども銀行による、非子供向け案件への抜け穴として利用されるようになった。バブル崩壊後にトリックスへ譲渡。

脚注・出典[編集]

  1. ^ コーポレートスローガンは銀行の各種ポスターや封筒などのノベルティにロゴと一緒に印刷されている。
  2. ^ 子供銀行が破たん 新紙幣発行の余波 - 虚構新聞社

関連項目[編集]

この項目「こども銀行」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)