けんか

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「けんか」は何故か「喧嘩」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Bouncypotato.gif
この記事「けんか」は何故か「ケンカ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

けんかとは、一部のデイトレーダーたちに人気の商品である。

概要[編集]

けんかは世界各国で頻繁に取引されており、個々の住宅から街中、官公庁国会など取り扱っていない場所は未だかつて存在していない。値段と価値については文字通りピンからキリであるため、基本的には他の商品と同じく安いものが売れやすい傾向にある。物質としては存在していないデータのようなものであり、頻繁に値段と価値が変動するため取扱いに難があるものの、上手く運用する事が出来れば様々な相乗効果の恩恵を受ける事ができ、リスキーと知りながら運用するデイトレーダーが絶えない。

特徴[編集]

基本的に安く買い叩かれる傾向にあり、またけんかの購入は現地で迅速に行われるケースが多い。しかし衝動的な購入は基本的に損になりやすく、安く買い叩いたところで転売に失敗し不良在庫と化すケースが非常に多い。そのため所謂「安物買いの銭失い」となるケースが多発するため、転売の目途が立っていない場合は購入を控える事がケンカを取引するうえでの基本である。また、けんかには規模的な概念が存在し、影響を及ぼす範囲を正しく理解していないと思わぬ損失を招く事となるため、正しい規模の認識が重要である。

けんかの売買を公然と行った場合、最悪暴行罪といった刑事罰案件に発展するため、未然に取引を中止させる場合があり、これをけんか両成敗と呼ぶ。そのため、けんかの売買は粛々と行われる事が望ましい。

関連項目[編集]