けものフレンズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。
このテンプレートは BCD (トーク) 2017年10月17日 (火) 22:09 (JST) によって貼り付けられました。

これ、「俺解説」にしか読めないんだけど。読む人のことまったく考えていないとしか思えないのだが、如何
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「けものフレンズ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「けものフレンズ」の項目を執筆してくれています。
ことのすべてを物語ろうとする日経の記事。若干馬鹿にされてるようにも見えるが気にしてはいけない
わーい!
コンセプトデザイン・吉崎観音
たーのしー!
監督・たつき

けものフレンズ(英:Beast friends)』とは、「予算が潤沢で作画が緻密でかつ多くの人気声優を起用したアニメこそが成功する」という従来の常識を完膚なきまでに破壊した低予算3Dアニメ作品。スタッフはたった10人で監督は500日間の軟禁状態、オープニングでは走るバスのタイヤを回す余裕もなく一話切り視聴者続出という絶望的状態から、大逆転を果たして今や出演したド新人声優たちをMステに進出させるという事態にまで発展している。

概要

現代のモナ・リザ」と形容される絶妙な顔の造形を最も忠実に伝えたワンシーン
サンドスタ―が頭に突き刺さるとフレンズになる

『けものフレンズ』の企画自体は『ケロロ軍曹』で有名な吉崎観音がコンセプトデザインを担当し、2015年ネクソンの運営によってスマホゲーとして開始したが、たった一年で完全無料化ののちサービス終了となり大爆死を遂げた(一因としてUIの操作性が非常に悪かった)。しかし、このとき企画自体はすでにアニメ化まで風呂敷を広げてしまっていた。製作を担当したのは『てさぐれ!部活もの』などで知られるヤオヨロズで、監督を務めるたつきは低予算でたった10人ほどのスタッフを率い、500日ほどの軟禁状態の中で3Dアニメを作らされていた(と言いつつも実は仕事の時間外にも趣味で3Dモデルを作り続けていた)。もともとヤオヨロズとは石ダテコー太郎(通称・ダテコー)という監督が立ち上げて率いていた制作会社だったが、ダテコー自身はたつきたちと喧嘩別れして新たに別の制作会社へと独立、以降一切口を利いていなかったという。

やがてアニメは放映時期を間近に控えたが、原作となるはずのスマホアプリはサービス終了、コミカライズも行われていたがこちらも終了といった具合ですっかり時機を逸していた。しかも内容は予算の低さや人手の不足が露呈しており、オープニング映像では走っているバスのタイヤも回せない、本編でも突然画面が暗くなって謎のモーションブラーが発生するなどガバガバ演出が多発。そればかりか大人の事情で本来のキャラクターの声優が新人などでほぼ総入れ替えになってしまい、そもそも絵も元とまったく違うなど原作との相違点をたくさん作ってしまう。言うまでもなく本来のファンすら敵に回しており、放送された第1話は案の定「拷問」とまで酷評されて多くの「一話切り」視聴者を生み出してしまった。

しかし、吉崎が元ネタの動物の特徴をふんだんに盛り込んだキャラクターは、かつて「ケモノじゃなくてただのコスプレじゃん」と言い捨てて一話切りしたガチケモナー視聴者たちにも、実はフレンズたちが仕草などで上手に動物の特徴などを表現していることを気付かせた。また、3Dモデル特有の拙い動きは逆に愛嬌がある(現代のモナ・リザ)と評判を集め始めたほか、CM前後やエンディング後などには実際の動物園職員が題材となった動物の解説をするパートが入り、各解説員の個性的な喋り方なども含めて話題となっていった。さらに、当初の雰囲気とは裏腹に物語は緻密に練られた核心を明らかにしつつシリアスな方向へと進んでいき、その不穏な展開に居ても立ってもいられなくなった視聴者たちは口々にその結末を考察し始めた。この頃にはすでに視聴者は没入しきってしまっていた。ニコ生でのアンケートは当初50%以下だった「とてもよかった」評価が常に90%以上を維持するようになり、終盤になるとアクセス殺到で不具合が多発。それまで散々な評価を下していた評論家岡田斗司夫もそれまでの主張を180度変え一斉に評価するようになっていた。歌手の星野源も「OPを一日60回聴いている」とまで公言するほどだった。

しかし制作側はこの突然のブームを一切予想できていなかった。当然かと言えば当然である。よくある萌えアニメとは比較にならないほどグッズ展開はろくにできておらず、アニメ雑誌「コンプティーク」は急ごしらえでかばんとサーバルのお面(ページ両面印刷で顔を印刷しただけ、切り取ると片方しか使えない)を付録にするのが精いっぱいだったが、それすらファンには有り難がられる始末だった。一方で動物園も大繁盛し、登場人物の元となった動物の檻の前には大きなお友達が一眼レフレンズのカメラを持って殺到。バカッター民がサーバルのコスプレをしてサーバルキャットに近付きストレスを与えるなど良くない出来事もあったがとにかく経済効果は確かに大きかった。

そんな中、のけものとなったダテコーは『魔法少女?なりあ☆がーるず』とかいう作品を作っていたらしいが誰も気にしない状態、名前すら誰も知らない。けものフレンズがブームになり始めるとさすがに気になってきたのかツイッターでつい触れてしまい軽く炎上、やがてアカウントを削除してしまった。

ストーリー

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、 かばんちゃんミライさんの毛からうまれたヒトのフレンズであることや、 アニメがアプリ版終了後の世界であることや、 ラッキービーストはミライさんが作ったパーク管理ロボであることや、 フレンズの正体はサンドスターに当たって女子化した動物であることや、 セルリアンの正体は無機物から生まれたフレンズであることや、 セルリアンに食べられると元の動物に戻るが別に死なないことや、 ジャパリパークきょうしゅうちほーであることや、

アライグマが日本では特定外来生物に指定されていることを知らないのであれば、充分注意して、ジャパリまんを手放さないようにしてください。
「疲れを癒すべく楽な姿勢でゆるーっとフレンズたちを見てください」
けものフレンズ について、監督・たつき

主人公・かばんはそれまでの記憶が一切ないままサバンナの大自然の中で目を覚ますや否や、獣の耳と尻尾のついたちょっと頭の悪そうな女の子・サーバルと出会う。話を聞くとそこは「ジャパリパーク」と呼ばれる場所の一地域である「さばんなちほー」であり、ジャパリパークとはかつて動物だったものたちがその特徴を持ったまま人間の姿になったフレンズという生物として暮らしている世界だという。しかし、かばん自身は動物の特徴を持っておらず何のフレンズかわからない。サーバルはその悩みをかばんと共有しようとし、慣れない気候や地形に耐えながらもさばんなちほーを出てかばんとともに彼女の居場所を見つけようとする。

やがて、かばんたちはジャパリパークの長と呼ばれるフレンズのもとへと辿りつくと、自分がヒトであることを言い渡されるが、同時にほかの人類はすでに絶滅したか、さもなくばどこか遠くへ行ってしまったという冷酷な現実を突きつけられる[1]。かばんはジャパリパークの外に人類が残っているかもしれないという小さな希望に身を委ねて船で海に出ようとするが、フレンズの天敵・セルリアンが突如として出現。セルリアンハンターの手に余るほど巨大化してしまったセルリアンを対処するために、かばんは日没後にバスのライトでセルリアンを海まで誘導して船ごと海に沈めるという作戦を実行に移すが、バスでの誘導は失敗してしまい、気を失ってしまったサーバルを庇うためにかばんは松明で自らを囮にしてサーバルに別れを告げながらセルリアンの攻撃を受けてしまう。

視聴者はもはや楽な姿勢で見ていられなかった。

あらすじ

第一話

全てはここから始まった伝説の第一話。特に冒頭からOPまでの30分間は「入園テスト」と呼ばれ、多くの視聴者を脱落させた。

第二話

「たのしー」などの名言を生んだ伝説の第二話。コツメカワウソの狂気とサーバルの物理法則が視聴者のIQの低下を引き起こす。

第三話

トキとアルパカが登場する伝説の第三話。前半は金朋地獄、後半はアルパカ地獄で視聴者のIQの低下を引き起こす。

第四話

声優界のツチノコが登場する伝説の第四話。ポストアポカリプス的な要素をプンプン匂わせ、視聴者を狂気に巻き込む。

第五話

けもフレ屈指の百合回である伝説の第五話。プレーリードッグの狂気が視聴者をレズリアンに落とし入れる。

第六話

バトル展開がある伝説の第六話。特にかばんちゃん対パンサーカメレオンのバトルは必見。

第七話

かばんちゃんの正体が明らかになる伝説の第七話。フクロウコンビがカワイイ。

第八話

大人の事情が垣間見える伝説の第八話。露骨なPPP推しによるスポンサーの意向が見え隠れして、視聴者を狂気に巻き込む。曲は良い。

第九話

お風呂回がある伝説の第九話。服という概念が視聴者のIQの低下を引き起こす。

第十話

ジャパリパークの過去が明かされる伝説の第十話。アミメキリンの推理が視聴者を狂気に巻き込む。

第十一話

最終回直前の伝説の第十一話。キンシコウの衣装がエロい。

第十二話

ついにすべての謎が明かされる伝説の第十二話。ちなみにかばんちゃんは死んでない。

登場人物(フレンズ)

メインキャラの四人
かばん
主人公。最初は自身が何のフレンズかすらわからず、身体能力もセルリアンに対する戦闘力も低いことから自分に自信が持てなかったが、行く先々で知力を発揮して問題を解決し成長していく姿が視聴者の心を掴んだ。しかし、終盤になってもなかなか正体が明らかにならず、物語はシリアスな方向へ進む中で疑心暗鬼となった豆腐メンタルの視聴者たちは「かばんちゃんの正体はセルリアン」などという妄言を連ねた。結局かばんの詳しい正体は最終回まで明らかにならないが、なんとそれより先に発売された公式ガイドブックでかばんの正体が明らかにされてしまい、最終回直前にネット上のけものフレンズ関連のコミュニティは阿鼻叫喚のネタバレ地獄と化した。
常識人だが、母親(?)であるミライ譲りで若干ケモナー属性を持っており、自分にはない他のフレンズのパーツに強い興味を持つ。サーバルの耳やフォッサの尻尾に見入る、トキに歌の感想を聞かれて「羽根がフサフサしていてとても綺麗だった」、PPPのライブに「尻尾がピョコピョコしていてすごく良かった」と感動するなどケモナーというより天然キャラの側面もあるが誰も気にしない
サーバル
常にかばんと行動を共にするサーバルキャットのフレンズ。第1話ではスマホアプリやPVの絵と似ても似つかないアホ顔を視聴者の前で披露して「本来のイメージと違う」「クッソブサイク」などと罵られ、さらには声優についても本来サーバルを演じた野中藍ではないド新人声優(尾崎由香)が起用されているため「棒読み」「下手」「聞いてて疲れる」などといった批判が殺到。一番最初のシーンでかばんを追いかけ回した際には「あーーーはーーー!」などと間の抜けた声を上げながら、なぜかサバンナの大地の上をツルツルと滑りながら方向転換するという謎めいた動きを見せて初っ端からアプリ勢を絶望させ、新規視聴者を困惑させた。
結果として第1話のサーバルが多数の「1話切り」視聴者の要因となったが、その後アニメの話題性が伸びていくと再評価を受けて多くの視聴者を呼び戻す結果となり、今では「このサーバルではなければヒットはあり得なかった」「現代のモナ・リザ」などと言われている。
性格は少し頭が弱い節があるものの快活、天真爛漫で純粋。他人の意見を否定しない。この性格から聖獣全肯定のフレンズ等と呼ばれ、初対面のかばんちゃんを褒めて認めて成長させていくスタイルは深夜アニメを見ている多くの社畜視聴者の心を打った。
また、すしざんまいのモノマネが得意。本当は本社からの刺客ではないかと噂されている。
ラッキービースト(ボス
サーバルとともにかばんを目的地まで導こうとするガイドロボット。ヒトに危害が及ぶ緊急時以外はフレンズに干渉することが許されないことを第12話で明かすが、にもかかわらずなぜかサーバルをジャパリバスで撥ねたり、トキに音痴な歌を聞かされた報復として鳴き声が汚いという生態を語ってかばんを危険にさらす、砂漠で立ち往生した際に砂嵐を見てフリーズするなど視聴者に登場人物の命の危険を予感させている。その他にも様々なポンコツぶりで視聴者のヘイトを集めていたが、最終回で自分の体と引き換えにセルリアンを海に沈めるという男気を見せて一気に逆転、人気キャラへ。
アライさん
アライグマのフレンズ。しかし、作中で持ち物を洗っている描写が一切ないのでアライグマではなく広島東洋カープの背番号25番・新井貴浩のフレンズとする説もある(日刊スポーツのお気に入りネタ[2])。かばんのことを「帽子泥棒」「カープの危機」と呼んでその後を追い続け、終盤ではやっとかばんに追いついて帽子を分捕るが、かばんが帽子泥棒ではないと解ると潔く謝罪して人気を得た。一方でニコニコ生放送のけものフレンズ上映がアクセス殺到による不具合でまともに視聴できなかった際、ニコニコ運営はまともに謝罪しなかったため「アライさん以下」という烙印を押された。
うどんが好き。隙あらばうどんを捏ねていて、香川県民(香川出身)なのではという説がある。フェネックに、サッカーボールにされることがある。(ボールは友達)またフライさんという面白い先祖がいる。
フェネック
アライさんと一緒にいるだけで特に目立ったことはしないが、ねっとりとした目つきが視聴者のチンポを徐々に動かした。また、実は視聴者の知らないところでジャニオタと抗争しており、Sexy Zoneをツイッターのトレンド1位に入れようとするジャニオタの動きに一切動じることなくトレンド1位を守り続けた。
レズ疑惑がある。たしかに、アニメではアライさんにセクハラしているシーンが見られた。
アライさんとは対照的にそばが好き。なので長野県民(長野出身)も存在する。戸隠そば美味しい。
どうぶつビスケッツ×PPP
PPP(Penguins Performance Project)
ブシロードが集金用の要素として無理やりねじ込んだとされる5人構成のペンギンアイドルグループ。毎回エンディング後に次回予告と称してダテコー監督作品の名残のようなアドリブトークパートを担当する。第8話で本編にも登場するがその回は周辺の回よりも評価が明らかに低く、たつき監督すら「よく覚えていない」と擁護を諦めるほどだった。
カバ
第1話に登場したサブキャラクター。サバンナの水飲み場で田植えをしていた。かばんちゃんに圧迫面接したり、サーバルのウィークポイントをうっかり零したりするが全て彼女たちを心配する優しさからである。後にゲートでのセルリアン戦に突如乱入し「私に大口勝負を挑むとはいい度胸」とのたまった。セルリアンが勝負を挑んだのはお前じゃない
しんざきおにいさん
このアニメの影響で有名になった多摩動物公園の飼育員で一般人。第1話でサーバルキャットを解説するが、尺の都合で解説をブツブツにカットされたため突然「ジャンプ力ぅ…ですかねぇ…!」などと力説しだす様子が個性的だと言われ大人気に。多摩動物公園では主にサーバルキャット等の猫科を担当しており、ネコ科の繁殖を度々成功させている若きスペシャリスト。度々飛び込んでくるペアリング成功のニュースにより「ネコ科絶対孕ますマン」とかいうとんでもないあだ名がついた。なお一応アプリ勢(古参)なのでアニメ新規参入ファンは頭が上がらない。
サバンナシマウマ
このアニメの低予算ぶりを最も顕著に示した脇役。予算の都合で簡略化された挙句、人ではなくナメクジのような姿に変えられている。
コツメカワウソ
第2話に登場したサブキャラクター。登場するや否や「わーい!たーのしー!」と迷言を残しながら滑り台を滑っていった。サーバルを凌ぐ視聴者のIQ溶解要員であり、戦犯アニメ最大の狂気等と呼ばれている。この印象が致命的になり、頭コツメカワウソという嬉しくない指標を生み出すことになる。
なお原作のコツメカワウソは頭の良い動物であり、フレンズの彼女も手先が器用でかばんの道具作りを手伝う、難しい指示を他のフレンズと協力しながらこなして橋を完成させているので天真爛漫なだけでバカではない。…はず
ジャガー
第2話に登場したサブキャラクター。泳げないフレンズのために川渡しのボランティアをしている姉御で聖獣。別に頭が悪いキャラクターではないはずなのに分からん連呼と某内輪ネタのせいでIQは低く見られがち。ごはん!さらに最近某動画サイトで爆発的にジャガーマンシリーズとやらが投稿されたお陰でネタキャラとしての地位を不動のものとしている。女の子やぞ
じゃんぐるちほーのその他大勢
第2話に登場したサブキャラクター達。素人声優の棒読みと静止絵を贅沢に大量投入するという采配に視聴者は困惑。しかしその後すぐにカワウソがカバーしたので問題なかった。でもよく見るとカワイイ奴ら。
トキ
第3話に登場したサブキャラクター。仲間を探していろんなちほーを回っている。金朋極度の音痴でサーバルとボスの聴覚に大ダメージを与え、ボスからは報復を受けるほどだがかばんは平気だった。かばんとともにジャパリカフェの初の客となり、さらに地上絵を書いて上空を飛ぶ鳥のフレンズの興味を引くというすっごーい方法で集客難を解決。自身も喉に良いお茶の影響で歌を上手く歌えたことによりカフェのリピーターとなる。
名前かぶりの宿命からか北斗の次兄千里山の大将の話題が出ることが多く、今日もどこかで胡座をかいたトキがビームをぶっ放している。
アルパカ
第3話に登場したサブキャラクター。かばんとトキが建物のドアを開けると突然栃木訛り的な何かで歓迎、奇襲攻撃で視聴者のIQを溶解させた。山を超えるフレンズに休憩してもらおうと勉強してカフェを開くという素晴らしい聖獣だが、広告不足でカフェの場所が知られていなかったという色々な意味でこのアニメにふさわしいフレンズである。元ネタ同様ツバを吐く。ペッ
無事ミステリーサークルで広告を打ったあとは喉に良いお茶で世紀末の放射能で喉をやられてしまったトキの歌をなんとか聞けるくらいまでに回復させる。すごい。
ヘラジカ
第6話に登場したサブキャラクター。同じ回に登場するライオンと縄張り争いを続ける中で何度も負けていたが、ヘラジカを勝たせたいというライオンの要望を受けたかばんはヘラジカに影武者と護衛をつけ、影武者とは別のルートからライオンの城を攻める陽動作戦を展開したことでとうとう引き分けまで漕ぎつける。このエピソードは他の作品と脚本の質を比較する上では抜きにして語れない。なぜなら同時期に放送されていた某人気シリーズ作品の場合、メインキャラたちは追われている身であるにもかかわらず自身の所属を示すユニフォームを着たまま街中を歩き回り親分を射殺されていたからだ(関連項目参照)。
セルリアンと戦うフレンズたち
セルリアン
フレンズを襲う害獣である。食べられたものは元の姿に戻る。ニコニコでは色々いじられており、時々バボちゃんに変形させられたり、タモリの顔を描かれたりされているかわいそうな存在。その見た目からジュラル星人ではないかという説がある。
水が苦手なので、残念ながら一緒に海水浴は出来ないのが残念。
みゆはん
主にエンディングテーマとCM中のフリップ芸で出てくるフレンズ。CVは4話の「さばくちほー」で登場したスナネコが担当している。あのユルい感じのスナネコがみゆはんの声を出してるなんてすごーいとファンの間で話題になった。
タモリ
本編には登場しないが、MステでPPPとコラボを果たしたイグアナのフレンズである。
古舘おじさん
ねつぞうと しったかぶりが とくいな イヌコウモリの フレンズ。もうそうで サーバルちゃんに わるくちを いっちゃったけど ちゃんと ごめんなさいが できなかったから ちはらフレンズに たすけて もらって ごめんなさいが できた。
ヒライさん
歌が得意なホモ・サピエンスのフレンズ。なっ何をするのだ、やめるのだ〜!!
KADOKAWA
低予算コンテンツが金塊に化けたら絶対何か事件が起こるよね、というファンの心配通りやりやがった

脚注

  1. ^ 一説によるとけものフレンズはメディア別で描いている時系列が違うと言われており、コミカライズ版が順調に稼働していたころのジャパリパーク、スマホアプリ版がセルリアンに襲撃されている最中のジャパリパーク、アニメ版がセルリアンのせいで人間が撤退し廃墟とかしたジャパリパークを描いているという。作中のほのぼのとした雰囲気からは考えられないほどの殺伐とした背景だ。
  2. ^ 広島新井2戦連続打点!アライさんにおまかせなのだ - 野球 : 日刊スポーツ(4月7日18時時点の見出し。現在は既に変更されている)、日刊スポーツさんのツイート: "【アライさんにおまかせなのだ 初回いきなり先制打】 広島対ヤクルト スコア速報中 https://t.co/eF6sSbyHL2 #carp #アライさん"

関連項目

外部リンク

Mona Lisa Serval.jpg けものフレンズ」の書きかけ記事を編集してくれるフレンズのみんな、集まれ~!
…って誰も来ないよー!? (Portal:スタブ)