がっこうぐらし!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
ZOMBIES!?
アニメ版第一話 について、anitubeから視聴中の外人
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「がっこうぐらし!」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「がっこうぐらし!」の項目を執筆してくれています。

がっこうぐらし!』(英称:SCHOOL-LIVE!)は、真の「学校生活」が「学校に籠城すること」だということを提唱した漫画作品、もしくはそのアニメ化作品。原作漫画はまんがタイムきららフォワードで2012年7月号から連載、アニメ版もTOKYO MXなどで2015年7月9日から9月24日まで放映された。

概要[編集]

アニメ版・第一話の内容のインパクトで知られる作品。冒頭、主人公の丈槍由紀(ゆき)はクラスメイトと談笑しているところを友人の直樹美紀(みーくん)に呼ばれ、彼女たちの所属する部活動・学園生活部に向かう。しかし、なぜか美紀は由紀の言動を気の毒そうに見守っている。というのも、それまでのシーンというのは実は由紀の主観を描いたもので、この作品が描く世界はゾンビの発生により荒廃しており、しかしながら彼女は頭がおかしくなっているので目の前の現実が見えていなかったからだ。

ここだけ見ると見事な叙述トリックが用いられているように見える。しかし、原作を知っていれば言うほど驚くべきものでもなく、この作品がゾンビものだということはアニメ放映前から割と告知されていた。ただ、外人はそういった情報を事前に知ることができなかったので、平和な日常もの萌えアニメだと勘違いしてanitubeなどで違法視聴した際に驚かされ「ZOMBIES!?」などと口々に叫び、挙句になぜかその様子を動画に撮ってYouTubeに投稿したので面白がられ、それが話題性に貢献したらしい。

その規模はウィキペディアをも議論の渦に巻き込み、「(第一話の衝撃の余波によって、)同時期にニコニコ動画で第1話が配信されていた『ご注文はうさぎですか?』には、本作第1話に衝撃を受けた人たちによる、本作に関する数多くのコメントが残された」などという必要性の怪しい一文が記事に追加されたほどであった。ちなみにその頃、アンサイクロペディアではちょっと頭のおかしいファンが『せ・っ・く・す・し・た・い』という題で主題歌の替え歌を作っていたが、誰も気にしない。

地域一帯がゾンビで占領されているという物語の背景は、別のエロ漫画作品である『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』を彷彿とさせるが、あくまでもがっこうぐらしのメインキャラクターたちは銃火器を取って野蛮に戦うわけではなく、校舎のバリケード内に閉じこもって慎ましく学校生活を謳歌している。

ちなみに言うと、普通に良作なのでアンサイクロペディアではネタにしづらい部類に入る。

登場人物[編集]

丈槍 由紀(たけやり ゆき) / ゆき
- 水瀬いのり
主人公。巡ヶ丘学院高校3年生。主人公なのに幼児退行で目の前の現状を一切認識できないという深い闇を抱えており、読者からは先行きを案じられる。なぜか普段からケモノ耳のような尖りのある変な帽子を着用しており、他の同級生と制服の色が違うが、それに関しては周囲の人物もなるべく触れないようにしているようだ。妄想をこじらせているのは日常茶飯事だが、なぜかその妄想の中の慈(後述)に助言を受けて命拾いをすることもあるので、なんとかうまくやっているらしい。やがて籠城生活が続くにつれ現実が見えてくるようになるが、そもそもは幼児退行する前からクラスで浮いた存在だったというので元も子もなかったようだ。
恵飛須沢 胡桃(えびすざわ くるみ) / くるみ
- 小澤亜李
ゆきと同じ学年のツインテールミリオタな女の子。塹壕戦のことを熱く語り、学校の中で先の尖ったスコップを持ち歩いているが、それもむなしく物語半ばでゾンビに噛まれ感染。美紀のおかげでなんとか助かるが完治するわけでもなく、その後はただただ不憫である。
若狭 悠里(わかさ ゆうり) / りーさん
- M・A・O
ゆきと同じ学年で、かつ学園生活部に於いてお母さんのような立ち位置にいる。籠城生活に必要なライフラインの管理を任されており、一見するとしっかり者のように見えるが、案の定徐々に頭がおかしくなり始める。
直樹 美紀(なおき みき) / みーくん
- 高橋李依
真の主人公。ボーイッシュなショートカットの髪型をした由紀たちの後輩(二年生)。遠足先のショッピングセンターで知り合ったあと、学園生活部に入部する。由紀を妄想から引き戻そうとしたり、胡桃を救ったり、頭のおかしい主人公に代わってそこそこ有能に振る舞う。ガーターベルトを着用している姿やシャワーシーンを披露するなどお色気担当としても有能。
佐倉 慈(さくら めぐみ) / めぐねえ
- 茅野愛衣
巡ヶ丘学院高校の現代国文の女性教師で、学園生活部の顧問。教師であるにもかかわらずゾンビ発生後は緊急避難マニュアルのことを忘れており、部員を避難させ損ね、最終的にはゾンビに噛まれて感染。その後学園生活部と出くわすもお察し下さい。作者からも人間的にはボンクラであることが明言されてしまっている。そんな具合で冒頭の時点で既に故人になっており、由紀の妄想上の存在としてしか登場しない。
ただし、ゾンビ化した際には学園生活部を危険に晒すまいと、最後に残った正気でなんとか彼女らのもとを離れる。その後、死してもなお元の姿のまま由紀たちの精神的支柱になるなど、作中で重要な存在を果たし続けており、読者のヘイトを集めるようなキャラクターでもない。アンサイクロペディア的には残念なキャラクターだと言ってもいい。
太郎丸(たろうまる)
学園生活部の飼い犬。アニメ放送当時には土間うまる五郎丸歩に並ぶ三大トレンド丸として親しまれた。しかしそんなファンからの愛着も虚しく、勝手に動き回った挙句ゾンビ化、ワクチン接種を受けるも衰弱して死亡。原作では登場の仕方がかなり異なるが、結局は由紀の心にトラウマを残すような死に方をしている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

Uroborosu.png え、えーと…この項目って本当にがっこうぐらし!であってたっけ?
ちょ、ちょっとぉ! シカトしてないで教えてよ! (Portal:スタブ)