川井刈り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川井刈り」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「川井刈り」の項目を執筆してくれています。

川井刈り(かわいが-)とは、柔道から派生した相撲技の一つ。

概要[編集]

川井刈りは柔道技としての「河津掛」から派生した技である。河津掛自体は相手の内股に足を入れそのまま後方へ投げる技。柔道では早い段階で禁じ手とされ[1]発展が止まってしまったが、相撲では相手の首に腕をかける方式になったことで危険性が下がり、そのまま決まり手として用いられている。しかし戦後の大相撲では殆ど見られない技になっている[2]

この河津掛けをアレンジし、足を外へと払う「刈り技」の要素を取り入れた相撲独自の技が「川井刈り」である。ただし大相撲の所謂「四十八手」には入っておらず決まり手としては認められていない。これは柔道と異なり狭い土俵内では刈り技が有効ではない事、そして柔道から派生した比較的新しい技[3]である事が理由として挙げられる。現在では稽古の際に指導の一環として、相手が定石に無い行動を執った場合の即応性を高める為に行われる以外ではまず見られない。

川井刈りの問題点[編集]

上記の通り川井刈りは力士が未知の状況にも落ち着いて対応できる資質を養う為のものだが、予想外の技に動揺し逆に負傷してしまうという事も度々起きている。また年若い力士の場合は「先輩力士や親方が反則行為を行った」と勘違いし非難するというケースも起きている。そうならないために部屋土俵の周囲に同門力士を並ばせ指導しながら川井刈りをかけたり[4]、余計なプレッシャーを与えないように外部の目が届かないようにしたりしているが、まだまだ周知が足りないのが現状である

脚注[編集]

  1. ^ 素早く深くかかった場合、膝に深い負傷をもたらすため。
  2. ^ また、ジャイアント馬場が得意とした「河津落とし」もこの技の変形である。
  3. ^ 昭和中期の相撲雑誌には、既に名前が登場しているが。
  4. ^ 俗に「人方屋」と呼ばれる。

関連項目[編集]