かりぐらしのアリエッティ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 このページは農業を営む老人の生活を描いた「刈りぐらしのアリエッティ」について説明しています。これとは違う「かりぐらしのアリエッティ」については、「借りぐらしのアリエッティ」をご覧下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アリエッティ」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「かりぐらしのアリエッティ」は何故か「借りぐらしのアリエッティ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

刈りぐらしのアリエッティ(か-、the Old's Farming with ALIETTE WP)とは、農業を営む老人野菜を育てるという暮らしを送る情景や、それに対する苦難・奮闘記を描いたフィクション映画である。

なお、本作のタイトルである「刈りぐらし」は、山林開墾、草刈り、間引きなどの農家の姿を表し、「アリエッティ」は本作で宮田敬一郎が使用した除菌剤「アリエッティ水和剤」が由来となっている。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「農薬」の項目を執筆しています。

この映画は、農山漁村文化協会出版を原作とした、農業協同組合制作・2010年放映の実写映画である。この映画が作られた理由は、2009年に公開された映画「未来の食卓」に描写されている内容の情報操作、すなわち虚偽を明白にさせ、一般民にそれを伝える為である。その「未来の食卓」にある情報操作は、「現在子供達は農薬のせいで不健康な身体となり、また農薬は生活習慣病の原因となる」というものである。しかし、これは科学的根拠や医学的根拠がとても薄く、このような記述は真っ赤な嘘であることが判明しており、「未来の食卓」の予告でそのことを示唆する映像・音声が流れ、これに憤った農業協同組合は、わずか一年で「刈りぐらしのアリエッティ」を作成したのである。だが、即興に作り上げたせいもあってか、経費やキャストの人数が少なく、拙速な部分が目立つといった批評も挙がっている。

主な登場人物[編集]

宮田敬一郎(みやた けいいちろう)
本作の主人公。定年退職を機に、所持していたの一部を開墾して畑にし、野菜を作ろうと夢見る。しかし野菜の育ちが悪く、農業について詳しい人まで話を聞きに行き、農薬を使用しようか苦悩する。その末病気となってしまい、息子に看病を受けることとなる。
宮田英治(みやた えいじ)
主人公・宮田敬一郎の一人息子。遠く離れた都会にてサラリーマン生活を送っているが、「野菜を作ってみる」と言っていたからの連絡がなかなか取れず、心配して様子を見に行くと、息絶え絶えな父がそこにいた。それを見た英治は無理矢理に父を床につかせ、野菜作りを止めるよう勧める。
富岡嘉雄(とみおか よしお)
八百屋の主人。訪ねてきた宮田敬一郎に、無農薬の素晴らしさを勧める。しかし宮田敬一郎が病気になってしまい、それは自分が無農薬を勧め、彼を奮闘させたせいだという思いこみで自己嫌悪に陥ってしまう。その後、店頭にて農薬を使用した野菜をより多く取り扱うようになる。
田中信子(たなか のぶこ)
農協組合員。宮田英治と縁があって、病み上がりの宮田敬一郎の元へ連れてこられる。彼に、農薬の中には人体に全く影響のないものもあることを教え、有機栽培は素人にとって難しいことも言う。農薬の使われた野菜が多く出回っていることを知った宮田敬一郎は、自分の野菜にも農薬を使おうと決心する。

内容[編集]

spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、 社長は核爆弾と一緒に小惑星に残って自爆することや、 サマラは井戸から出してはいけなかったことや、 データがピカード艦長を助けて死んでしまうことや、 イカのかわりにDr.マンハッタンの力が大都市を破壊することや、 ローズはジャックを犠牲にして生き残ることや、 ドクはクララ・クレイトンと結婚することや、 無名も秦王を狙う暗殺者だったことや、 マーリーじいさんはシャベル殺人鬼ではなく息子と喧嘩していただけの優しい老人であることや、 青島はレインボーブリッジを封鎖できることや、 査察を受けた不動産屋は最後に隠し財産の在り処を教えることや、 ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、ポップコーンを手放さないようにしてください。

工場に務めていた宮田敬一郎は定年退職となり、人口の少ない町にある山奥の実家へ戻り、独学で農業を営むことを決意する。始めは順調に進んでいったかに思われたが、キュウリネギなどの野菜が育つにつれ、べと病菌、疫病菌などによる害が顕著になってきて、近所で八百屋を経営していた富岡嘉雄に対策を聞く。「農薬なんか頼らずに一生懸命面倒を見てやったらどうだ」と言われた宮田敬一郎は、その言葉通りに苦心して野菜を看病するも、一向に成果が上がらない。そしてついには過労が原因となった病気が発症してしまい、息子の宮田英治からもう止めるよう説得されるのだが、宮田敬一郎は自分の立てた目標をどうしても諦めることができなかった。

それを見かねた宮田英治は説得するのを諦めて、知り合いだった農協組合員の田中信子に、助言を与えるようにしてもらう。宮田敬一郎は、富岡嘉雄から話を聞いたこともあって農薬を使うのをためらったが、最終的には自分の育てた野菜に農薬を散布する。けれどもその対策をするには既に遅く、育てた野菜は全滅してしまった。このせいで宮田敬一郎は誰の言葉も信じることができなくなってしまい、疑心暗鬼に陥ってしまった。

そこに現れたのが富岡嘉雄で、「あのようなことを言った自分が悪かった」と詫びをされ、今度は最初から農薬を使ってみてはどうかということを彼からも勧められる。そして次の年、彼らの言葉に疑いを持ちながらも言う通りにしてみたら、農薬の濃度を間違えるなどのミスがあったが、予想以上の野菜が多く収穫され、最終的には町の中で有名な農家となったのである。

現実味のあるシーン[編集]

この映画は、一般の人の常識とされている「農薬は有害」というものを無くすとともに、農薬を使う農家の苦悩を知ってもらう為に作成されているので、リアリティを追求したものとなっている。

例えば、舞台や大道具などを一切使わず、宮田敬一郎の家を本物の農家を使用するといったものや、全国各地の農家まで聞き込み調査をして、現実的な農業生活を描こうと努めている。特に、宮田敬一郎の目線を意識したカメラ映像は、主人公の心情をより効果的に表しており、映画評論家もそのことに関しては賞賛の言葉を述べている。また、本作では「アリエッティ」という言葉はどの台詞でも語られていないが、その文字が印刷されているボトルの映像を幾度か見せることにより、観客に印象づける利点を作り上げている。

関連項目[編集]