かもめのジョナサン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

かもめのジョナサンとは、かもめの群れの内の一匹であるジョナサンと、それ以外のミナサンの物語を描いた小説である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かもめのジョナサン」の項目を執筆しています。

あらすじ[編集]

かもめの群れにいるジョナサンとそれ以外のミナサンの物語である。無論ながらミナサンは複数の存在である。ジョナサンは飛ぶことが好きでたまらずに「三度の飯より飛行」と言わんばかりに飛びまくっていた。その結果、仲間のミナサンからは「頭が飛んでいる」と忌避され、ついには群れから追放される。そんなのお構いなしに速く飛ぶ訓練をやめなかったジョナサンの前に愉快な仲間たちが現れ、さらなる飛躍を求めて修行の為に飛んでいく。修行を積んだジョナサンは、長老チャンから教わった「瞬間移動」で、愉快な仲間たちと共に下界に降り、カモメの人生の意義は「飛ぶ」ことにあるという「思想」を広めようと試みるが、「相変わらずぶっ飛んでるなぁ」とミナサンはジョナサンを歓迎せず、またしても居場所を飛ばされる。

解釈[編集]

多数派が少数派を駆逐していく描写、また、ジョナサンは飛ぶ天才であったことなどから、凡人の喩となるミナサンから二度にわたって避けられる(理解されない)場面、やっと現れた理解者はなんだか胡散臭く、しかし初めて仲間に会えたことから彼らにべったりになる様子などから、生きづらい社会における有能なものを多数派の凡人がいかにして潰そうとしていくか、また、多数派から除け者にされた者がどのようにして宗教にのめり込んでいくかを比喩にしながら書いているのではないかと多く指摘されている

小話[編集]

  • ウィキペディアには「物語後半からはジョナサンが通常のカモメの飛行能力を遥かに超えた能力を身につけ、それらはすでに飛行という次元を超えており、さらには岩盤に激突したカモメを生き返らせる場面も登場する。それらが原因で新興宗教の布教を連想する人も多い。」と記述がある。そしてオウム真理教の村井秀夫も同書に触発されて入信しているが、彼は仲間や下界の他人を救ったり生き返らせるどころか殺す事に数多く加担し、一連のオウム真理教事件で逮捕が噂される中、マスコミのミナサンに囲まれる中で自称右翼の在日朝鮮人、徐裕行に脇腹を刺されてしまい、あの世へと飛んでいった。
  • 1978年3月に研ナオコが「かもめはかもめ」をリリースし大ヒットを記録する。収録されている同タイトル曲には「一人で空を 行くのがお似合い」といった歌詞があり、この書に影響を受けている可能性がある。ちなみに彼女は創価学会信者である
  • 2012年8月31日に、作者であるリチャード・バック氏(76歳)は、ワシントン州のサン・フアン島で飛行機を自分で運転している最中、電線に引っかかってさかさまになって墜落。世界中の愛読者のミナサンから羽をたたんだせいじゃないかだの、きりもみだったかだのという不謹慎な扱いを受けるはめになった。なお、迎えはこなかった様子。

関連項目[編集]

この項目「かもめのジョナサン」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)