かみ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、世界の創造主のかみについて記述しているばい! その他のかみにつ・い・て・は「かみ (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!! はい!!!


かみ:Creator)とは、かみである。とは違うし、いわゆるゴッドでもない。我々の住むこの世界の創造主にして、世界を縦に貫く塔の最上階に住んでいる。趣味は創作。演劇も嗜み、自らの作品に出演することを好む。かみの作ったゲームの1つ『魔界塔士Sa・Ga』にも出演している。

荘厳なるかみの御姿

概要[編集]

かみは、4層の大地を縦に貫くといわれる塔の最上階に住んでいる。最上階の先には楽園があるとされ、かみもよくそこへ行って癒しのひと時を味わっている。

過去、幾多の人間たちが楽園を目指して塔を登ったが、誰一人として最上階に辿り着くことなく、あるいは辿り着いてもかみの前に散っていった。彼ら人間たちにとって、それは壮大な人生の物語の1つであるが、かみにとっては自分が作ったゲームのただの1キャラクターの死に過ぎない。かみからすれば、世界とはいわばレゴブロック、人間とは顔のインクの剥げたレゴキャラに過ぎないのである。

しかし、そのような古ぼけたレゴキャラにも、小さくて取れないレゴブロックのような、かみに抗う一縷の望みが残されていた。後述する『チェーンソー』の存在である。おそれを知るはずのないかみは唯一、この伝説の武器の存在を恐れていた。ここ、恐れと畏れをかけてるんだよ!

かみのわざ[編集]

違った! こっちのチープな方のやつだった!

かみは、人智を超えた多彩な技を繰り出す。それらはときとして『かみわざ』と呼ばれる。

かみのみぎて
ビール瓶を真っ二つにしたり、牛の角を折ったりする。
かみのひだりて
審判から見えないようにハンドの反則でゴールする。
かみのみえざるて
塔の最上階から市場経済を操作する。
ひかりあれ
詳しくは『創世記』を参照されたし。
はじめは なにもなかった

1にちめ かみは 『ひかりあれ』といった  そこに『ひかり』がつくられた
     かみはおっしゃった これでよいのだ

2にちめ かみは ひかりとやみをわけた  かみはおっしゃった これでよいのだ

3にちめ かみは そらとだいちをつくった  かみはおっしゃった これでよいのだ

4にちめ かみは たいようとほしをつくった  かみはおっしゃった これでよいのだ

5にちめ かみは さかなととりをつくった  かみはおっしゃった これでよいのだ

6にちめ かみは にんげんをつくった  かみはおっしゃった これでよいのだ

7にちめ かみは ふたりのにんげんに 『アダム』と『イヴ』となづけた
     かみはおっしゃった これでよいのだ

8にちめ かみは バラバラになった アダムのてににぎられたチェーンソーによって
     かみはおっしゃった だめだこりゃ
くったらだめよ
ここでHAHAHA!と笑ってください
アレフ
ここでHAHAHA!と笑ってください
ふっかつ
全知全能のかみは、傷を受けても復活する。ただし、かみとはいえチェーンソーでバラバラにされてしまえば二度と復活できない。

かみとチェーンソー[編集]

チェーンソーとは、かみをもバラバラにすることのできる伝説の武器である。かみが創りたもうたこの世界で、かみをもバラバラにする武器を誰がどのように作ったのかは大いなる謎とされている。人間の起こした奇跡と呼んでいいかもしれない。この武器は伝説とされているだけあって、何処で入手できるのかを知っている者はいない。えーと、どこだっけ? いつの間にか手に入ってるよな・・・。

かみは前述したとおり、過去にアダムの怒りに触れ、チェーンソーでほぼバラバラにされた。しかし、アダムが1日で作ったチェーンソーは不完全だった。かみは何とかふっかつし、アダムを楽園から追放した。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎し」でアダムの彼女イヴも追放した。このときから、かみに「チェーンソーの恐怖の記憶」が埋め込まれ、世界のどこかで誕生し得る(そして実際に誕生した)完全なるチェーンソーの存在を恐れているのである。

かみの足跡[編集]

危険を充分承知のうえで塔を登っていくと、かみが残した足跡を辿ることができる。

塔3階
かみが創った楽園がある。誰も働いておらず、みんな一日中アンサイクロペディアに入り浸っている。果たしてそれは真の楽園なのだろうか?
塔19階
シェルターの中に悲痛な親子の死体が残されている。それすらもかみの作った”ゲーム”である。この苦しみ・・・かくばくだんとして必ずあの男に届けてやれ。
塔20階
「かみのはずかしいにっき」が読める。本来なら我々人間ごときがかみの素性を知ることなど有り得ないが、勇者ハーンがその命と引き換えにこの日記の一部を持ち帰ってきてくれたため、それを元にしてこのページを書き起こすことができた。
4層の世界を縦に貫く23階建ての塔。その先にまだ見ぬ楽園がある。
塔21階
かみはこの階に聖剣エクスカリバーを持たせた老人を配置した。塔を登る人間たちの目をエクスカリバーに向けさせ、チェーンソーから目を逸らさせるためである。多くの人間たちがこのかみの巧みな戦術にひっかかり、かみに対してエクスカリバーかマサムネで挑んでは散っていった。

シルクハットの男[編集]

塔を登っていくと、ときどき黒スーツにシルクハットの男と会うことができる。この男はかみが人間の姿を装って、塔を登る人間をヲチして楽園に連れて行くおんなギャルを見定めているのではないかと噂されている。彼は塔を登る人間に対して親切にいろいろと情報を教えてくれる。ただしチェーンソーの情報だけは絶対に教えてくれない。というより、「チェーンクロス」とか「遅延しそう」とか口走るとビクッとするので見ていておもしろい。

かみと楽園[編集]

ということは、このあたりが楽園と思われる。

世界は大地が4層重なっている構造をしており、その中心を23階建ての塔(右の画像)が貫いている。かみの住む最上階の先に楽園があるとされているのだが、この画像から楽園らしき場所を確認できる。この楽園は『ひるとんほてる』とも呼ばれているが、その由来ははっきりしていない。かみはおそらくここで、スウィートでうふふアーン♥♥なことをやっているに違いない。なにおー ゆるさーん! むしょうに はらがたってきたぞ くそーっ! このやろうー

かみの語録[編集]

「わたしが つくった そうだいな ストーリーの ゲームです!」
世界 について、かみ
「なに かんがえてんだ!」
かみ について、かみの作ったモノ
「かみに ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとたちだ!」
楽しい人たち について、かみ
「これも いきもののサガか‥‥」
生き物の性 について、かみ
「よろしい しぬまえに かみのちから とくと めに やきつけておけ!!」
神の力 について、かみ

あとがき[編集]

この記事を 勇者ハーンに捧ぐ

関連項目[編集]

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「かみ」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました