かほく市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かほく市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「かほく市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「かほく市」の項目を執筆しています。

かほく市(かほくし)は、能登地方に位置する都市である。

能登半島の中では金沢寄りの都市であるが、行政的には石川県に含まれる。金沢市の寝台都市。この都市から北へ通勤通学する人間は少ない。ほとんどが金沢へ出稼ぎに行く。隣に位置する津幡町内灘町は能登に入れられることを頑なに拒み、能登国に属すのか加賀国なのか正直曖昧である。……が、かほく市は誰がなんと言おうが能登である。ちなみに中国の地方や東北地方の新聞と時々間違えられることがある。

概要[編集]

平成の大合併により宇ノ気町と高松町と七塚町がドッキングして新装開店。宇ノ気市とか河北市とか高松市(不可能だろう!)とか七塚市とか色々候補があったんだろうが、とりあえずかほく市ということで落ち着いた。宇野気、高松は駅名にもなっているせいか割と名の知れた地名だったが七塚に至っては……。だが大きな竜神様が守ってくれてるからいいのである。誰も気にしないのである。 中能登町や能登町、白山市などと同様、やはり現市名より旧町名で呼ばれることの方が多いかわいそうな市である。

七尾線電化20周年記念で七尾の「わくたまくん」・「とうはくん」、羽咋の「UFOと宇宙人」が車両に描かれるが、宇野気の猫のキャラクター「にゃんたろう」は見事に省かれている。この辺もかわいそうである。

交通[編集]

鉄道[編集]

単線のJR七尾線が2車線化工事の進む国道159号線の下に隠れながら走行している。ついでに七尾線も複線化してくれ! 中心駅である宇野気駅には普通、快速は全便停まる。特急列車も一日数本が申し訳程度に停まる。市内から乗って北に行く人間は極めて少ない。殆どが金沢へ行って暇つぶし。最近ではイオンの開業により金沢での暇つぶし人口は減ったんじゃないかな。現在、地元の有名人西田鬼太郎にあやかって山陰からゲゲゲの列車を乗り入れようと米子支社に陳情中との噂有り。

道路[編集]

159号線
新しい159号線バイパスは1車線で開業した。ノロノロ運転する奴が多発し市民の怒りが爆発したため現在複線化が進行中。金沢から宇野気に向かう場合、時間帯と混雑具合によっては七尾・高岡の分岐点を越えた後すぐ下の道を使った方が早い時もあるが降りたすぐの信号やレジャラン前の信号で大抵引っかかるのであまりオススメできない。
能瀬インター辺りから500メートル先の狩鹿野インター付近ではバイパスレジャーランドが降ってくるのでそれを旨く避け交わしながら進むというエクストリームスポーツも連日開催されている。
能登有料道路
先述のバイパスを進むと白尾インターがある。ここで24時間昼夜問わず100円取られる。このインター、利用者の殆どは「しらお」と呼ぶが、看板のローマ字は「Shiroo」となっている。つまり「しろお」が正しいのであるけど気にしない(ちなみに、ヂモティーは短く「しろ」と発音するみたいす)。内灘から入ると220円取られるため「しろお」から乗る人間が多い。「しろお」を過ぎて調子に乗ってスピードを出しすぎるとお察し下さい 些細なことだが、2013年4月1日に無料化された。
「県立看護大インター」は何故か金沢方面しか行けない不便なインターである。そのうち羽咋方面に行ける入口も作るらしいけど。

バス[編集]

金沢じゃないとあれだけ言ったにも関わらず、北鉄金沢中央バスが金沢~内灘~宇野気を運行中。元能登西武バスは津幡~宇野気~高松の間で毎日新鮮なエアーを輸送しております。それ以外では、旧高松町を中心に「かほく市営バス」が走行中。市営でありながら運転士は北陸鉄道の人間。最近は旧宇ノ気町を中心に「福祉巡回バス」なるものも走り始めたが「かほく市営バス」とは別物。同じ市内でややこしいことすな!

企業[編集]

かほく市といえば県内最大手のコンピュータ企業プフッPFUがある。それ以外は特に知らない。何かあったら加筆してください。

学校[編集]

大学
能登地方でも数少ない大学がここにはある。未来のナースプレイを養成する看護大学が。
高等学校
その昔河北大商業高等学校という異様に横に大きい存在感のある学校が丘の上にあった。今は廃校。廃校の半年前くらい、筆者は平日の夕方高校前のバス停に、女子高生ウォッチング何人乗るのか見に行ったことがあるが、見事に誰も乗ってこなかった。もう高校は無い。
中学校
公立中学校とは到底思えない立派で豪華な中学校がある。筆者は最初素で新しいかほく市庁舎だと思い込んでいた。現の市庁舎はこの中学校より古くショボイ、小さい……ちなみに、3校ある中学校のうち2校を新築、1校を改築したため市の財政はヤバイとかなんとか。

文化[編集]

七塚辺りに「とり野菜味噌」の本拠地がある。かほく市民をはじめ、能登のソウルフード。鍋物はもちろん味噌汁ラーメンもみんなとり野菜みそを使う。とり野菜みそカレーやとり野菜みそスープスパゲッティもなかなかいけるよ。鶏野菜味噌と思われがちなため地元スーパーでは鶏肉の売上が異様に高いようだが、正式な意味的には「とり」は「摂り」なんだってさ。

毎年夏になると、ぬこが大量発生する萌え~な事態が起きるらしいニャー。

名所[編集]

西田鬼太郎哲学記念館
髪の毛を飛ばしたり父親が目玉だったりする恐ろしくも珍しい哲学者の記念館。
七福神センター
かほく市の守り神でもある大きな竜神。北の大地からテポドンが飛んで来ようが万景峰号が突っ込んで来ようがかほくの地を守ってくれる……はずだ!
イオンかほくショッピングセンター
かほく市民の憩いの場。県内最大級のショッピングセンター。「金沢まで行かなくていいから便利ね~」と、近隣の市町からも客を吸収しながら成長を続けている。
ママカフェ
かほく市ママ課がプロデュースしたカフェ。さらなる高みを狙い独身税なる税の設立を懇願した所、インターネッツから存在を消された。

独自の「講」文化[編集]

一般には「ままか講」と呼称される。いわゆる踊り念仏や地蔵盆・伊勢講といったものに当地の民間信仰が合わさり独自の発展を遂げたものと考えられるが、通常の講では参加者が定期的に資金を供出し合うのに対し「ままか講」は基本的に外部からの寄進のみで活動する。この講に加わることができる者は、夫をもちかつ未成年の子どもを産み育てている女に限られる。

代表的な活動は、「オ禁則事項ですサマ」と呼ばれる巫女役の講主を先頭に立て、大きな籠を手に黄泉醜女に扮した女性達が列をなして「ややこ出せ」「ややこおるか」などと口々に唄い踊りながら家々を訪ね回るものである。このとき訪ねた家に子どもがいれば女達は米や少額の金銭などを与えるが、子どもがいない・または未婚の成人のみからなる世帯であった場合、女達はその家を取り囲み「鰥夫・石女、飯(まま)出せ銭コ出せ」「ややこ泣かすか、銭コか飯か」と騒ぎ立て、その家の者から饗応や金品の寄付を受けるまでこれを続ける。「ままか講」という呼び名はこの時の囃し声から取られている。

また飢饉や疫病などで特に市民の暮らしが逼迫したり「オ禁則事項ですサマ」が個人的に手元不如意だったりで気が向いた時には、庄屋や地主・政治的有力者へ金品の配布を直訴するといった大がかりな行動もとられる。こういった直訴のついでに夢の国総本山への参詣を行う場合もあり、これは伊勢講をなんとなく真似してみたものであろう。

かほく市ではこれを指定無形文化財として継承・保護につとめており、市予算のうち2016年度は1100万円強、2017年度は1200万円程度がこの習俗の保護に充てられている。しかし講の参加者達は「ままか講の存在を余所者に知られてはならない」という独自の掟を守ろうという意識が非常に強く、「余所者が講や巫女の名を口にすればオ禁則事項ですサマの怒りによって消し去られる」と思い込んでいる。このためその由来や他地域文化との関係性、講の参加者が離婚したり子どもが成年に達した後どうなるのか、また未婚の母をどう遇しているのかといった基本的事項についてすら現状まったく研究がなされていない。このため市予算を割いてまで保護すべき文化なのかという疑義も時折挙がるが、その都度主張者はお察し下さい

関連項目[編集]


この項目「かほく市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)