かいじ (列車)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

かいじとは、中央本線を走る特急列車である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かいじ (列車)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

中央本線には既にあずさが走っていたが、運行区間が新宿(時に東京千葉)〜松本(時に南小谷)だったり、八王子駅を出ると、甲府駅まで停まらない列車があるなど、山梨県民から不評だった。そこで、JR東日本が「しゃーねーなー、甲府発着の特急を作ってやるよ」と言って、誕生した。

使用車両[編集]

E257系

E257系

あずさと同じ車両である。基本的に9両編成で運転される。あずさとの違いは、あずさでは指定席の6号車がかいじでは自由席になる

189系

多客期にだけ運用に入る。それ以外はニートレインである。6両編成で、グリーン車なんてものは存在しない。時々全車指定席になる。

過去の車両[編集]

183系

E257系の1世代前。こちらはグリーン車付き。E257系に置き換えられてこの世を去った。

評価点[編集]

  • 日中の甲府始発は乗客が少なく自由席でも入線前に並べば着席できる可能性が高い。

問題点[編集]

  • 甲府駅からの普通列車の接続が悪い。(例えば、13時10分甲府着のかいじ105号の乗客が日野春駅へ行きたい場合、14時4分の小淵沢行きまで待たされる。また、その小淵沢行きの4分後にかいじ107号が甲府に到着する。)
  • 時に竜王、小淵沢まで行ってしまう。
  • 大月〜甲府間の下りの終電がかいじ123号である。つまり、かいじ123号に乗ってしまうと、通過駅へは翌日まで待たないと行けない。
  • それに比べて上りは甲府駅での接続がとても良い。JR東日本が乗客を特急にのせたい気持ちが出てきている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

派生列車[編集]

はまかいじ[編集]

その名の通りハマ発着である。休日に横浜線経由で運転される。車両は、JKの為にATCを取り付けた185系6両で、グリーン車は付いていない。かいじだから甲府止まりと思ったら大間違い。かいじなのに松本駅まで行く。 はまあずさでいいじゃん。

ちばかいじ[編集]

時たま運転される。千葉からヲタクの町を通って新宿に出て、後は中央本線を西へ向かうだけ。車両は千葉で使われている方のE257系。全車指定席なので、指定席特急券がないと泣いても乗れない。こちらは甲府から先は行かない。

むさしのかいじ[編集]

こちらも時たま運転。今度はてっぱくの町発着。武蔵野線を通り、国立駅から中央本線に入る。こちらも甲府止まり。車両は元成田エクスプレス6両。これも全車指定席。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「かいじ (列車)」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)