お茶の水女子大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

お茶の水女子大学(おちゃのみずじょしだいがく 、英語:Ochanomizu University)は、東京都文京区御茶ノ水に本部を置く日本の国立大学である。略称は「お茶大」。

概要[編集]

他の首都圏女子大と比べ、地味であることで知られる。これは学生の大半が東京大学などの滑り止めとして入学したため、せめてファッションだけでも最難関大女子に近づけたいとの思いの現れである。教育内容はグローバルな女性の社会進出に関するものが多いが、大半の学生はあわよくば高収入の男性と結婚して専業主婦になることを夢見ている。バッグはCOACH派が主流。

沿革[編集]

キャンパス[編集]

お茶の水キャンパス(地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車徒歩3分)のみ。キャンパス内に幼稚園、小学校、中学校、高校が付属している。

他大学との関係[編集]

「お茶大って、東大のデリヘルでしょ?」  〜お茶大について、新宿2丁目のママ

お茶の水女子大学には「遊びの早稲田、金づるの慶應、将来を約束した東大」という格言が存在する。また「1/3は東大卒、1/3は早慶と結婚し残りの1/3は結婚できない」との格言もある。いずれにせよお茶大生は自分たちより偏差値が低いと見なした男性とは一切関わろうとしない。女性の社会的差別について語るのと同じ口で、彼女たちは今日もポケモン勝負のように彼氏のスペックを競い合っている。

学園祭[編集]

「徽音祭(きいんさい)」というマンネリ化した学園祭が毎年11月頃に行われる。申し訳程度に屋台が出店しているものの、チュロスなど甘いものが中心。建物内では至るところに新妻カフェ、婦警カフェ、アイドルカフェなど様々なイカガワシいカフェが出店する。日頃ジェンダージェンダーとうるさいわりにただの雌である。また当日は「お茶大おじさん」と呼ばれる人物が毎年特定のスポットで人間観察をしている。

猫について[編集]

学内にはが生息し、「お茶猫」の愛称で親しまれている。名前は「びんぼう」。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「お茶の水女子大学」の項目を執筆しています。


この項目「お茶の水女子大学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)