お持ち帰り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「お持ち帰り」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

お持ち帰り(おもちかえり)とは、「できるだけ早く、人目を避けた場所でこっそりと愉しみたい」という客側の変態的な願望と、「輸送や後処理に手間が掛からなくて済む」という店側の経費削減を睨んだ実益が重なり合ってできた新サービスの一つ。また、その浪費的なサービスに対する反対運動のことでもある。

概要[編集]

日本にも昔からデマ-え(写真つきの商品リストを送りつけ、注文が来次第写真とは大きく異なる品物を送りつける詐欺行為の事、出前と表記するのが通例だった)は存在していたが、これにはタク-ハイ(「限られた情報を元にアジトを嗅ぎつけ、タクシーハイヤーなどの内燃機関を持った乗り物で乗り付ける」という主に警察などで使われるスラング、近年では差別に繋がるからという事で宅配と表記するように義務づけられた)と言われる作業が必要で、輸送費や人件費が必要であったり、場合によっては1時間以上も待たせてしまい「今出たところです」と言い訳をしなければならなかったりするリスクが伴うものであった。

また、「店内でお召し上がり」の場合、後処理に掛かる人件費は削減されず、また消防法対策や店舗規模による最大収納人数制限、中毒リスク、ガサ入れによる一斉検挙などの問題を抱えてしまい、店としてもあまり美味しい形態とは言えなかった。

そこで「注文は店先で受けるが、客が自分の足で運ぶ」というシステムを投入。これにより店側が抱えていた様々な問題と、「人前では恥ずかしくてできない」というシャイな顧客側のニーズがマッチする事となり、爆発的に広がった。しかし客を再び来店させるための快適なサービスに使う小道具が必要となり、資金面では問題がないものの自然保護団体に目をつけられることとなってしまった。

お持ち帰りによるメリット・デメリット[編集]

メリット
  • 基本的には店外に出てしまえば「いつでも、どこでも、好きな時に好きなように愉しめる」
  • 送料などのオプション料金を支払う必要が無いので、価格を抑えることが出来る
  • お持ち帰りの最中は周囲に見せびらかす事が出来る
  • 無料で味噌汁が付いてくる
デメリット
  • 移動中の破損は自己責任となる
  • 自分よりもっといいものをお持ち帰りしていた人を発見、ちょっと負けた気分になる
  • 家に着いて開けてみると、意外とがっかりしたりする
  • 怖い人が押しかけてくる事がある
  • スマイルはお持ち帰りできない
  • 味噌汁が付いてこない

逆的サービス[編集]

浪費に反対するグループが存在している。彼らはお持ち帰りを禁止させるためにあえて偽のファーストフード店を経営しており、スローフードなどと言って非お持ち帰りを促進したり、 利用客を逆にお持ち帰りするなどお持ち帰りサービスそのものを貶める活動を行っている。

有名なお持ち帰りサービス[編集]

前原K1.PNG
この項目「お持ち帰り」は、執筆放棄を狙われています。
ぜ、誰に、執筆放棄を狙われているのかは判りません。
ただひとつ判る事は、執筆者のやる気と関係があるということです。
(ここまでが一段落目。ここから下は削除されている。)
(ここからが二段落目。ここから上は削除されている。)
どうしてこんことにったのか、私にはわかりません。
これをあたが読んだら、その時、私の目は死んでいるでしょう。
…やる気があるか、いかの違いはあるでしょうが。
これを読んだあた。
どうか記事加筆してください。
それだけが私の望みです。(Portal:スタブ)
前原圭一