お年玉狩り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Bouncypotato.gif
この記事「お年玉狩り」は何故か「お年玉」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Bouncypotato.gif
この記事「お年玉狩り」は何故か「消えたお年玉問題」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

お年玉狩り(おとしだまがり)とは、子供お年玉を奪う行為のこと。 そのほとんどが子供の将来を破滅させそうな保護者によって行われる。

犯行の手口[編集]

以下、よく見られるパターンを列挙する。 「あなたが使い込まないように、お年玉は預かっておくわね」などと言って自分の懐に入れる 「あなたの将来のために」などと言って自分の口座に入れる 親戚などから預かったお金を渡さず、横領する 有無を言わさず強奪する 天誅などと言い、いきなり殴る蹴るでぶんどる

こうして奪われたお年玉は保護者の臨時収入として使われる。後で子供が返金を求めても、保護者は難癖付けて一円たりとも返さない。

対策[編集]

子供側が対抗するのはなかなか難しい。現実的な策と言えば、事前に親戚へ電話し、金額の把握を行うのがベストであると思われるが、もしも冤罪であった場合、家族関係がギクシャクしたりもしかねない。

また、一般的に犯行を行うのは母親が多いとされる。父親に相談してみるのもよいだろう。

政府の対応[編集]

政府は、狩られるお年玉の総額が、毎年の国家予算程度まで上ることから、刑法の改正や特別法の制定によって対応をしようとするが、有権者である親の支持が得られないことより、2009年現在においてもいまだに有効な対策が採られていない。

親側の主な理由として「自身が幼少期に奪われたお年玉を取り返しているだけで正当な行為である」というものが挙げられる。

関連項目[編集]