お子様ユーザー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「お子様ユーザー」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

お子様ユーザー(おこさま - )とは、ウィキコミュニティやその他のウェブサイトで活動する反体制ゲリラの総称。管理者や常連ユーザーにとって、徹底抗戦を続ける彼らは最も手強いである。インターネット利用者の低年齢化に伴い、お子様ユーザーの数は増加傾向にある。

ここではアンサイクロペディアにおけるお子様ユーザーについて述べる。

概要[編集]

お子様ユーザーの編集後の記事の「差分」を見た直後の常連ユーザー(初心者)。

お子様ユーザーは、大きく分けて「よい子」と「悪い子」の二種類に分類できる。

悪い子は悪意を持って荒らし暴言ソックパペット遊びなどを繰り返すヤンチャ坊主的戦闘員である。管理者や常連ユーザー(以下、有力ユーザーに統一して表記)は、警告という名の威嚇や投稿ブロックといった武力でもってこれを鎮圧し、事態が沈静化した後は荒らされた記事を差し戻すなど秩序の回復に努める。

よい子の場合もそう簡単にはいかない。なぜなら、彼らは彼らなりの善意と使命感を抱いているからである。有力ユーザーからほんの少しばかり苦言を呈された程度では、「ぼくもアンサイクロペディアに貢献したいよ!」という純粋な熱意を止めることはできない。しかし、いくら善意の活動であっても、お子様ユーザーはその幼さゆえにやることなすこと全て破壊活動になってしまうため、有力ユーザーにとっては迷惑極まりないのである。気持ちではなく未熟さに問題がある事実を理解しない限り、この血みどろの対立は永遠に解消されない。

お子様ユーザーの性格は往々にして気まぐれであり、その時の気分次第でウィキペディアチャクウィキに標的を変更することがある。また、お子様ユーザー同士での横の繋がりを持たないため、組織的な活動をしない。これにより、戦力の分散という犠牲を払うことにはなるが、敵の裏をかく奇襲作戦を展開できる。それでいて特定の記事に執着するなど、常に先を読ませない作戦を立てている。歴戦の有力ユーザーでさえ苦戦を強いられるのはこのためである。

戦法[編集]

お子様ユーザーの文章を目にしたときによくある反応。
お子様ユーザーの編集後の記事の「差分」を見た直後の常連ユーザー(上級者)。

お子様ユーザーは年少であるがゆえに非力で、基本的には精神攻撃に頼らざるを得ない。しかし、精神を蝕まれ続けるとやがて肉体にも変調をきたすので、即効性のない精神攻撃だからといって侮るべきではないだろう。以下にお子様ユーザーの取る戦法と、その戦果を記す。

おかしな日本語
記事本文だけでなく、利用者ページ及び会話ページにめちゃくちゃな日本語を書き連ねる。有力ユーザーはその悪文を読むことを強制され、意味を汲み取るために多大な労力を払い、貴重な時間を奪われる。でたらめな敬語wiki文法、崩壊したレイアウト、デフォルトソートカテゴリの付け忘れも併用すれば、ゲシュタルト崩壊を引き起こすことさえ可能となる。
利用者ページしか編集しない
アンサイクロペディアに全く貢献しないばかりか、無駄に版を重ねてサーバーに負担を掛ける作戦である。「軒を借りて母屋を取る」状態を想定し、有力ユーザーたちはも眠れないほど不安になり、最終的に体を壊すことだろう。ユーザーページ用テンプレートを大量に並べ、その中でも「このユーザーは日本のどこかに住んでいます」といった何の情報も提供していないようなテンプレートを多用したり、くだらない画像をアップロードしまくったりすれば、さらなる戦果が期待できる。
連続投稿
取り憑かれたかのように連続投稿をし、サーバーの負荷を大きくし、有力ユーザーたちに地団駄を踏ませる。地団駄を踏みすぎた有力ユーザーは、確実にや腱を悪くし、歩行機能を損なう。連続投稿を防ぐための{{プレビュー活用依頼}}でさらにサーバーをいたぶらねばならないという、板ばさみ状態にも追い込める。
署名しない
上記の「連続投稿」と似ている。会話ページに署名もせず、記事への批判や勝手な削除依頼をしたりすることで、署名補記の手間をかけさせ、有力ユーザーたちに歯ぎしりさせるのである。度の過ぎた歯ぎしりを痛め、噛み合わせが悪くなり、次第に体全体のバランスを崩すようになる。
完成している記事を糞記事化する
面白くもなんともない加筆(主に戦国武将アニメゲームお笑い芸人などのうすら寒いネタ、おやじギャグ下ネタ差別ネタなど)をしたり、語録を始めとするとする「お察しください」「禁則事項」等各種テンプレートを貼ったりして、記事を致命的なまでに台無しにする作戦。有力ユーザーだけでなくその記事の主な投稿者、初版執筆者らの頭にを上らせ、脳卒中脳出血に陥れることができる。少なくともそれらの病気のリスクが上昇するので、やって損はない作戦と言える。
カビの生えたネタの使用
新規作成・追記修正問わず、アンサイクロペディア初期に量産された、今や誰も使わないような時代遅れなジョークを使うことで、有力ユーザーたちを落胆させる。例を挙げて行けばムスカウイルスのび太国系記事声優ネタ、ドナルド教、バイオレンス系サザエさんネタ、語録シリーズ、ハルヒ教キラ教なのはさんネタ朝鮮半島ジョークなど。こういった古臭い内容は即刻削除されることも多いのだが、お子様ユーザーの多くはこれらのネタがとっくの昔に使い古されていることなど知るわけもないため、ジワジワと有力ユーザーを苦しめるボディーブローとなりえる。ゆくゆくは貧血に陥らせることも可能だろう。
どうしようもない記事作成
一行記事非有名人ネタ何の笑い所も無い単なる誹謗中傷妄想記事著作権法違反、オチもヤマもないただの文章など、アンサイクロペディアにおいて最も嫌悪される行為をあえてすることで、有力ユーザーらを激怒させる。有力ユーザーの交感神経系を執拗に刺激して過度の緊張とストレスを与え、彼らのに大きなを開けさせる。この攻撃法はとても容易で応用が利くので、お子様ユーザーにとっては主力となる。
テンプレート剥がし
これらのくだらない(断じて褒め言葉ではない)記事を作成すれば当然ながら良識あるユーザーの手でNRVICU削除議論などが貼られるが、それを鼻くそのような加筆で「加筆しました」などとイケシャアシャアと釈明し、片っ端からそれらのテンプレートを自分の手で剥がしていくことで、有力ユーザーらをカンカンにさせる。これらの行為は最高に有力ユーザーらを激昂させるため、憤激のあまりを噛み過ぎて指先が化膿することとなるだろう。素晴らしい攻撃である。
シカト
注意やら警告やらを受けても一切我関せずの態度を取ったり、そのことをあげつらって笑いものにしたりする。反省の色の欠片も見えない態度に対し有力ユーザーたちは激昂し、しまいには怒りのあまりひっくり返ってを打ち病院に搬送されてしまうことだろう。
懲りない
「シカト」の発展。注意されても警告されても投稿ブロックされても、全く懲りずに同じことを繰り返す。とりわけ、一旦は「すみません」と謝りながら実際には反省改善も見られない時などは、かなり強力な精神攻撃になる。「この野郎、なんにもわかってねえ!」と有力ユーザーは頭を掻き毟るので、頭皮細胞を数万単位で死滅させ、行く行くはハゲさせることさえできるだろう。
逆切れ
これらの規約違反(及びそれに類する行為)を行ったにもかかわらず、「俺は間違っていない! 間違っているのは管理人だ! 俺は常に正しい!」と勝手に思い込み、誹謗中傷をトークページやらフォーラム、ユアペディアなどに書き連ね、何が何でも正当性を明らかにしようとする。無論支持する奴は一人たりともいないため、有力ユーザーたちは「絶対に許さんぞこのゴミ野郎!! 死んでも投稿ブロックしてやる!!」と逆上のあまり鼻血を出し、過呼吸窒息することになる。下手すれば病院行きだ。
ソックパペットによるブロック破り
最たるいやがらせがこれである。「ぼくきじかいたよ! おもしろいからよんで!」という自己顕示欲を満たしたいがためにアカウントを多重に作り、上記の行為を行う。もちろん、頭のレベルから察すればブロックされる前と同様の記述、同様の行動をとるため、見破るのはザラブ星人より容易い。こうした行為は有力ユーザーを最高に怒り狂わせ、逆上のあまりを叩いてを複雑骨折し執筆できなくなるという最大の攻撃となりうる。

対策[編集]

お子様ユーザーに対する一般ユーザーの対応は、この程度のものがのぞましい。カンカンになると思うツボである。

稀に有力ユーザーになるほど奇特なお子様ユーザーが出現し重宝されるが、やはり大多数は上記したようなゲリラであり、不倶戴天の敵として扱われる。そのため例えばウィキペディアでは、児童・生徒の方々へという最後通牒をお子様ユーザーに突きつけ、徹底的に排撃する姿勢を打ち出している。

他方、和の精神を重んじる懐が深いアンサイクロペディアンは、そのような無情な仕打ちを極力避けようと努力している。確かにアンサイクロペディアにも似たようなものがあるが、その内容はウィキペディアのものとは趣を異にする。実際に一読してみれば、国の宝である子どもの未来を重んじ、彼らが心身ともに健全に成長できるよう励ましていることがすぐにわかるだろう。この汲めども尽きぬ慈愛に惹かれ、今後ますますお子様ユーザーが流入してくるものと目されているが、アンサイクロペディアではそんな彼らに対する規制を強化する予定はないという保証も特にない。「甘すぎるのではないか」との批判をものともせず、これからも有力ユーザーたちは、右の頬を打たれたら左の頬も差し出し続けるのである。

関連項目[編集]


この項目「お子様ユーザー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)