おや、誰か来たようだ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

おや、誰か来たようだ(ローマ字:oya,darekakitayouda)とは、他人への陰口暴言虚言など、また、根拠のない事や、偉大なる将軍様へのご意見を口にすると背後から忍び寄ってくる黒い影のことである。また、死亡フラグと同じ意味を持つ。

同志へご意見を述べる前
同志へご意見を述べた後

概要[編集]

効果[編集]

「おや、誰か来たようだ」を唱えてしまうとおおよそ死亡フラグが立ってしまい、その後数秒後に強制的に回収されてしまうという、世にも恐ろしい呪文である。また、このフラグを折れる人物はあまり多くなく、乱用は控えるべきである。

そして、フラグが回収されると同時に、その人は最初から無かったことになる。すると、存在すらしてなかったことになるが、今度は無かったことにした人の存在が危ぶまれてしまうので、完全になかったことにはならないとされている。

注意点[編集]

この呪文はとても便利なため、つい言ってしてしまうことがある。もちろん優秀である大概のアンサイクロペディアン達は上記の意味をしっかりと理解しているゆえ、使用することは滅多にない。しかし、ユーモア欠落症であるウィキペディアン達はときどき言ってしまうことがあり、そうなった場合は存在を抹消されてしまうことになりかねないので、注意が必要とされる。

また、誰か来た気配を感じたら決して振り返ってはならない。もし振り返ったらあなたの名前は役所から抹消されます。

バリエーション[編集]

ここでは「おや、誰か来たようだ」と同じ意味を持つ呪文を紹介する。ただし、前にも言ったが無闇に使用してはならない

  • おっと、誰か来たようだ。
  • おや、こんな夜更けに来客とは珍しい。
  • ん、誰だこんな時間に…。
  • おや、こんな時間に誰だろう。
→新聞かな。
→宅配便かな。
→出前かな、あれ、注文した覚えh…。

手紙が届きました[編集]

『「おや、誰か来たようだ」は、この優秀な百科事典を編集する際に、ユーモアを追及しすぎたせいで脳が爆発し、これ以上面白いことを考えられなくなった時の逃げ道に使われることもあるそうです。ところであなた、さっきから「おや、誰か来たようだ」を連呼しているが、いかなる理由があってもこの呪文を唱えてはいけないことをお忘れでしょうか…?』


Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「おや、誰か来たようだ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

関連項目[編集]