お強請り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

おねだりとは、主に親と子供の間で繰り広げられる大規模な交渉であり、エクストリーム・スポーツの一つ。

ルール[編集]

  • 競技には最低2人必要で、ねだる側とねだられる側に分かれる。人数の配分は参加者の自由。
  • 親子での参加を基本とする。ただし決して親がねだる側になってはならない。
親のかわりに祖父母でも可能。ただし参加率は極端に低い。
  • まず参加者両方共に商店に行く。デパート・大型スーパー、おもちゃ屋が主要な競技会場。
ただしねだる側がNEETの場合は自宅も対象になる(後述)。
  • ねだる側はほしいものを商店で探す。商店にないものをねだることはできない。
  • ほしいものの前に行ったら競技開始、ねだる側はほしいものを買わせようと、ねだられる側はそれを食い止めるべく交渉をする。
ねだられる側が悩まずに即買うのは禁止である。
  • ねだる側がほしいものを買わせるか、ねだられる側がねだる側を自宅に連れ帰れば競技終了。
  • スコアは買わせたものの種類と金額、買わせるまでの時間を元に算出する。

繰り出される技[編集]

ねだる側の技[編集]

泣く
大声で泣き叫ぶ。周囲の目が集中するので非常に効果は高い。
条件つきおねだり
「~をするから」等の理由をつけてねだる。ベターだが効果は期待できない。
むくれる
性格・容姿にもよるが、かわいい、愛おしく感じられる場合、効果が高い。感じられない場合は逆効果である。
地団駄を踏む
足をバタバタと踏み鳴らして駄々をこねる。同時に「わーわー!」などと言葉を発し続け、相手に発言をさせない。効果の程は疑問。
転げ回る
地団駄の発展版、。地面に転がってじたばた騒ぐ。後は↑と同じである。

ねだられる側の技[編集]

無視
おねだりを無視する。ねだる側は動かないことが多いのであまり意味がない。
放置
無視のバリエーション。動かずにねだる側に対し、ねだられる側の優越性を示すためにその場に置き去りにする。
ねだる側の強引な要求により精神攻撃の発動に至ったと識別し、両者のスコアから減点される。
代替案の提示
入手が容易なもの、または代わりになるものでなだめる。ねだる側が満足した場合、ねだられる側の得点となる。
強制連行
力に任せて無理やり退場させる。これが成功した場合、ねだられる側のスコアは大幅な減点対象。

NEETのおねだり[編集]

世間的にはせびるという。基本的に金・食品なので競技にはならないが、彼らの競技熱は一般を上回るともいわれる。

関連項目[編集]

この項目「おねだり」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)