おてもと

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
株式会社おてもと
種類 株式会社(非上場)
設立 795年(延暦14年)10月23日
業種 飲食業
事業内容 レストラン経営
資本金 84兆円
売上高 非公開
従業員数 3400000人(連結)
決算期 3月
主要株主 非公開

おてもととは、日本の老舗飲食店経営業社である。フランチャイズ加盟店に「おてもと」と書かれた割り箸おしぼりが提供されることで有名。

歴史[編集]

西暦795年(延暦14年)に聖徳太子の家来により始められたと伝えられる。8世紀の日本の貨幣経済の起こりと共に、代金と引き換えに料理を振舞う飲食店のようなものが成立した。前年に即位した聖徳太子は都の飲食店の実態を把握するべく、調査を行った。この時、おてもとと呼ばれる組合を作り、飲食店の自治をはかったとされる。

各店舗が組合運営費を出し合い、食料の調達などを一元化する方式は効率がよく、鎌倉時代には近畿一円の茶屋が加盟していたという資料が残っている。さらに室町時代には関東にまで勢力を伸ばし、江戸初期にほぼ全国の茶屋・料亭が参加するようになった。

その巨大資本を活かして明治、大正時代からは多数の飲食店経営にも参加するようになり、料理人の教育や衛生管理のコンサルティング業務も始めた。昭和時代には組合店をフランチャイズ加盟店とすることにし、同時期に始めた割り箸製造業の割り箸などを提供することでブランドの向上に努める、今日の業務形態となった。

業務内容[編集]

原料調達の一元化[編集]

グループに加盟している店舗が共同で原料を購入することで、個別の店で仕入れるよりも安価に仕入れることができる。

飲食店経営[編集]

おてもとグループでは通常のフランチャイズ方式に見られるような制約は殆ど無く、箸やおしぼりなどの小物におてもとの文字を入れるだけでよいとされている[要出典]。そのため、各々の店舗がオリジナリティあふれる経営を行なっている。この方式は世間に広く知れ渡っているので、一店舗が問題を起こしても、おてもとグループ自体が責任を問われることはほとんどない。

箸・おしぼりの製造と供給[編集]

おてもとグループの飲食店経営部門とは別に、箸やおしぼりなどの小物を製造、供給する部門がある[1]。ここで製造された箸などは経営する飲食店に安価に供給される。割り箸を供給することで、箸を洗う費用を節約することができ、また、木材のリサイクルにもつながる。あまり知られていないことだが、おてもと製の割り箸はスーパーなどの店頭で一般人でも購入することができる。

経営状態[編集]

これまで日本の多くの飲食店をフランチャイズとしてきたおてもとであるが、最近は外食産業の多様化に伴い縮小傾向が見られるようになってきている。マクドナルドKFCなど、もともと箸を使わない飲食店はもともと傘下に入っていなかったが、最近では吉野家すき家などの箸を使う飲食店も脱退が目立ち始めている。

また、最近のエコブームも縮小に拍車をかけている。エコのひとつの方法として、割り箸を極力使用しないようにし、代わりにマイ箸を飲食店に持参し積極的に使うというものがある。さらに、エコアピールのためにおてもとグループから脱退し、割り箸を使用しなくなった店舗も出てきている。このように、今後箸を使う文化が衰退していくことにより、おてもとグループのさらなる縮小が懸念される。

とはいえ、この内容は推測に過ぎず、飲食業界の裏で様々なビジネスを行って利益を得ているという、黒い噂もある。

経営陣について[編集]

おてもとグループの経営陣に関する情報はほとんどなく、昔から大きな謎とされている。政治家マスコミが関わっており情報管理が徹底されているという説、将軍家や天皇家、ロックフェラー財団などが関わっていて、口外すると粛清されるという説など、大小様々な噂もあるが、詳しいことは全く分かっていない。

脚注[編集]

  1. ^ 現在は製造部門をアウトソーシングでまかなっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「おてもと」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。