おいらせ町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おいらせ町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「おいらせ町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「おいらせ町」の項目を執筆しています。

おいらせ町 (おいらせちょう、英:Oirase Town)は、青森県上北地方のである。

概要[編集]

元々は、下田町、百石町であったが”最少人口都市選手権青森県予選”に出場すべく隣の六戸町との3町で合併する予定であった。ところが、六戸町は”南部「のへ」同盟”から脱退することができず、市昇格条件を下回りおいらせ市構想は破綻。現在に至る。第2みちのく有料道路を本来三沢インターチェンジで終点にする予定であったが、おいらせ市構想の誘い込みで急遽六戸仮出口という飴で誘い出したものの、結局破綻したことでおいらせ町の実力者達の顰蹙を買った。六戸町の主要交通機関である十和田観光電鉄線の廃線には、おいらせ町の実力者達の介入があったとも言われており、これによりおいらせ市構想からおいらせ町抗争に発展していると上手いことを言う町民も多数存在するとかしないとか・・・。 結局、”最多人口町選手権”に切り替え青森県予選では見事優勝。現在5連覇達成中。

地理[編集]

八戸市三沢市に挟まれており、三沢市在住を希望するアメリカかぶれが多く在住する。毎年、人口流出先は三沢市が最多であるのは当然である。米軍のモーテル争奪戦のおかげで町内のモーテルは軒並み繁盛している(三沢市内のモーテルは争奪戦による施設の破壊等で全盛期より激減しているが旧下田町域のモーテルはほぼ横ばいで推移する)。三沢市在住のアメリカかぶれ達は、こぞって夜な夜なおいらせ町に押しかけるのが恒例となっている。近年は、イオンモール下田のおかげで映画を見終わったらそのままホテルに行くのが一つのデートコースとなっている。八戸市民も同様に、遠回りして三沢方面に向かう者や某駅近くの古いモーテルで殿様気分を味わう者と多種多様である。毎年、町議会が米軍に対してモーテル争奪戦の回数を増やすようにと陳情している。

特産品[編集]

  • 桃川
  • おっぱい
  • イオンモール
  • 準アメリカかぶれ
  • 自由の女神(ニセモノ)

交通[編集]

人物[編集]