えー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
おしらせ
えー、ゲシュタルト崩壊の、えー、危険性…えー、
えー、この記事は、えー、ゲシュタルト崩壊を、えー、起こす可能性が、えー、あります!えー、遺伝子工学の権威、えー、ひよこ陛下殿が、えー、身をもって、えー、確認しました!!
えー、目に自信がない方、えー、見るのを止めといた方が、えー、いいとのことです!!!えー、でも、えー、意外に耐えられることが、えー、多いそうなので、えー、見てみなさい、えー、とのことでした。
Wikipedia
えー、ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、えー、「えー」の項目はまだないか、えー、書きかけです。えー、アンサイクロペディアンとの格の違いを、えー、見せつけてやりましょう。

えー、えーと言うのは、えー、語り手を務める人間の、えー、口癖であります。

えー、概要をお話します[編集]

えー、よくこのフレーズと、えー、いうんですかね、えー、まあ、言葉をですね、えー、お偉いさんの、えー、話を聞く時に、えー、耳にすると思います。えー、お偉いさんと言ったら、えー、政治家先生など、えー、いろいろな人が思い浮かぶかと思いますが、えー、お偉方に限らず、えー、人前で話す人間は、えー、緊張のあまり、えー、話す内容を忘れたり、えー、上手く話せなくなったり、えー、呂律が回らなくなったり、えー、とにかくですね、えー、喋るのに支障をきたす場合が多々あります。えー、そんなときに、えー、それをごまかすのに、えー、頻繁に文章中に頻発されるのが、えー、この「えー」なのです。えー、ちなみに正式には、えー、「えっと」なのですが、えー、それが人間のですね、えー、考える時間に比例し、えー、長くなったのに合わせ、「えーっと」、えー、それから、「えー」に変わったと、えー、言われています。

えー、使い方を説明します[編集]

えー、このように文の繋ぎに多用することによって、えー、発言の内容を頭の中で整理出来たり、えー、文の不自然さを消す効果があり、えー、非常に便利な言葉として機能します。えー、ただしですね、えー、聞き取りづらいと批判されたり、えー、話がつまらないと言われたり、えー、聞き手を眠らせてしまったり、えー、時々悪ガキなどがですね、えー、「えー」と言った回数をですね、えー、数えて笑っていたりして、えー、聞き手には、えー、あまりウケがよくありません。

えー、こぼれ話を少々します[編集]

えー、この表現は、えー、えー語ではですね、えー,"er"とか、えー、挙げられます。えー、他にもですね、えー、"Let me see..."なんかがですね、えー、挙げられますが、えー、こんなの考えたときに、えー、本当に使っているか、えー、気になりますね。

えー、関連項目を提示します[編集]

  • A…えー、読みは「えー」ですね。
  • ああ…えー、感嘆詞の代表格ですね。
  • うーん…えー、こちらは考え込んだ時に使われますね。
  • えーと…えー、こちらも考え込んだ時に使われますね。
  • アーウー…えー、に似た口癖で有名ですね。
  • うー…えー、かわいいけど、えー、煩わしいですね。
この項目「えー」は、えー、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが、えー、一身上の都合により、えー、書きかけで、えー、あれなんです。えー、お願いですえー、社員は悪くありませんから、えー、検閲により削除してくれたら、えー、検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)