えっ…

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  職場に佐々木希似で可愛い女の子がいるんだが
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  どうすればいいかな!?
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |  ちなみに職場では話せる仲で
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  リサーチによると彼氏がいそうなんだ!
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |


    r ‐、  えっ・・・
    |  (|        r‐‐、
   _,;ト - イ、     ∧l☆│∧
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l 
  |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |
|  irー-、 ー ,} |    /     i
| /   `X´ ヽ    /   入  |



「えっ…」
ペンタゴン(右)の発言について について、あなたとブラックホール(左)
えっ…とは相手との会話やコミュニケーションをしているときに、自らが想像していた相手の言葉の域を超えている場合に感嘆や傷心の意味を込めて言う言葉である。えっ…俺が「えっ…」の記事を書くの!?えっ…やだ

概要[編集]

えっ…えっは違う。
両者はともに相手の言葉が自分の想像の域を超えていた場合に会話の流れを一時中断することが出来る。
まず、違いとしては後者「えっ」は会話の流れを一時中断する効用が薄い。自分勝手な人が話し手だとそのまま空気として流されるため深い矛盾と不快感をもちつづけなければならない。
なおかつ即座に自分の意見を言わなければならない。空気解読障害と診断されてしまうからである。
前者の場合は会話の流れを一時中断する効用が強い。自分勝手な人でもえっと言われると話し手が何か聞き手が何かしらの疑問を抱いているのではないかと疑うからである。
また聞き手はの間に自分の考え、意見、述べたいことを整理できるのでよほどのを使用しない限り空気解読障害と診断されにくいからである。
ただし、えっよりも重い圧で空気を止めてしまうから、何も考えもなく使用してしまうと空気解読障害と診断されてしまうのでよう注意すべきだから。
場合によって語尾に「!」や、「?」がつくこともある。
細かな説明は使用例に即すため、大まかな説明として
「!」は少なくとも聞き手に驚き期待という意味が含まれている。
「?」は少なくとも聞き手に疑念確認という意味が含まれている。

歴史[編集]

「えっ…」が間投詞として定着したのは16世紀前半の中世ヨーロッパまでさかのぼる。当時恐るべきディベートの達人として有名だったヨハン・エックが討論会に参加すると、エックの論客としてさしむけられた人々が、エックの凄まじいほどの鋭い論と毒舌に驚くあまり、「エック・・・・・・(ちょwwwwおま勘弁してry)wwwwww)」と呟き何も反論する事が出来なかったという逸話からきていて、「エック」の語尾が抜けて「エッ」となったことで現在のような形となったようだ。

悪口を言われた際の使用例[編集]

という意味が強い。場合によっては怒りが頭の中で整理される。
いつも、いじめを受けているときは反論をすることが出来ないため、この後の空気となる。
いつも仲良くしていたはずだった友達から悪口を言われると、「!」の驚き「?」の確認という意味も発生する。
これも同じくこの後の空気となるが、この場合はショックが大きい。
おい、お前。そんな悪口をいきなり言う奴なんて切り離しちまえよ。他にもこの地球には69億人いるんだぜ?
ただ、何かお前にも原因がある。そこを嫌だけれども見つめ直して反省してこれから気をつけていけば世の中やっていけるぜ。
今のまま心を閉じたままじゃ誰も分かってくれない。自分から心を開くんだ!
えっ…
上記の発言 について、あなた
えっ…?何変なこと思ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ!べっ、別にアンタの心配をしている訳じゃ無いんだから!
これだけは言っておくけれどパソコンで友達は出来ないからね!
何か心当たりがある方々は気をつけるように。

ダジャレを言われた際の使用例[編集]

  • トイレに行っといれ
  • えっ…?
ダジャレは急激に場の空気を凍てつかせる。
普通の会話中に場の空気が凍りつくことを予想していなかったため、疑問として語尾に?をつけることが多い。
また、相手の人間性を確認するため語尾に?をつけることもある。
お前、まさかこの場でダジャレはないだろうといった嘆きの意味も強い。
この場合の使用は嘆き疑問といった意味がとても強い。

秘密を告発された際の使用例[編集]

  • 実は、毎月1500万円のお小遣いをもらってました。
  • えっ…!?
この場合は「!」が入っている通り驚嘆の意味が強い。
また、まさか総理大臣たるお前がそのようなことをしていたのかという信じたくない現実を確認の意味も強い
さらにの間に自分の中の発言する前の相手のイメージを呼び戻し、発言する前の相手と発言した後の相手との比較をする。
そして、相手に対しての自分の態度を変え、言葉を選ぶ。慎重な質問をする。
脳はの間に全てを処理することが出来る。
しかし、裏を返せばの後の言葉が後の人生に大きな影響を及ぼす可能性もあるので、
の間に慎重にかつ迅速な処理が求められる。

事実を告発された際の使用例[編集]

  • 「お客様、ご注文はなんでしょうか?」
  • 「ハッピーセットください。」
  • 「現在は、ポケモンプリキュアですがどちらがよろしいですか?」
  • えっ…セーラームーンは無いんですか?」
この場合は事実を知らなかったため、
嘘だろ…?という信じたくない現実の意味も上記と同様つきつけられる。


決定的瞬間を目撃した際の使用例[編集]

まさか内閣に所属していた人間国旗にバッテンをつけるような反日活動家と一緒にいたという現実とともに
国の責任をこの人間に与えた総理大臣の質が問われる考えさせられる時間も・・・の間に考えていだだろう。。
これであなたのこの人間への信頼感がえっ…の間に整理された。

えっ…と似て非なるもの[編集]

えー…
えっ
前述参照。
えーっ!?(えーっ?!)
この場合は驚きの意味が大変強い。ぁナニUナニちナょяа、ン欠(〓々シ〃τ〃―┗⊂カヽぅξ→?っτレ`ぅ会言舌カヽ〃入ゐっτ感U〃。
えっ…使ってないって?執筆者のおじさんには最近の若者のことはわからねぇんだよ。
えー
記憶を呼び戻すための時間稼ぎで使われる。
麻生太郎松井秀喜等、もはや口癖になっている人もいる。
ええええええええ!
ギャグ漫画でたまにみられる。異常行動に対するツッコミ。
……えっ…
本当の沈黙を生み出す力がある。使われた側は会話恐怖症に至ることも。

各界からの語録[編集]

「えっ…」
信長からの京都追放のお知らせ について、足利義昭
「えっ…」
明智光秀の謀反 について、織田信長
「えっ…」
パスポート偽造が発覚したこと について、金正男
「えっ…」
ドミニカ共和国のパスポート所持者がアジア系だったこと について、入国審査官
「えっ…」
訪問の目的がディズニーランドだったこと について、日本人
「えっ…」
胖熊という太った熊という意味の偽名を使っていたこと について、中国人
「えっ…」
息子が日本で捕まったお知らせ について、将軍様
「えっ…」
以上を踏まえた後継者争いの脱落のお知らせ について、金正男


この項目「えっ…」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、えっ・・・まだ書きかけなの・・・ (Portal:スタブ)