うがい

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『"うがい"に見る古代中国の英知』

うがいとは、中国奥地で勃興した拳法宇凱拳を元とした特殊呼吸法である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「うがい」の項目を執筆しています。

概要[編集]

宇凱拳は時に勇気をもくれる

知っての通り、生物がエネルギーを生み出すのは呼吸である。酸素を取り込み、血液を循環させ、細胞のエネルギーを作り出すことにより、生物は動くことができる。すなわち、呼吸法をより優れたものにすれば、動きのパフォーマンスも良くなる。この事はインドヨガメキシコの高地トレーニングなどが有名であるが、欲望を伸ばすことに関しては無限の努力を重ねる我らが中国は、遥か4000年の昔からこの呼吸術を取り入れていた。

うがいを考案したのは、中国の深山幽谷で拳法の修行に明け暮れていた一派と言われている。開祖・宇凱は、呼吸が運動のパフォーマンス向上に密接な関連を持っていることに気付き、研究を重ねた。やがて宇凱は、呼吸において「悪しき『気』」を取り入れることが、疲れやを生むと気づき[1]、「悪しき『気』」を清めることが改善につながることに気が付いた。そのため、宇凱は清流の水を汲み、口にそれを含んで呼吸を行うという無茶な修行を行った。途中で何度もに逆流したり、気管に流れ込んで窒息死しかけたりしながらも宇凱は研究を重ね、口の中の水を素早く攪拌し、吐き出すことで口から喉にかけてを「漱ぐ」ことを思いついた。これにより宇凱は戦いの際に素早く悪しき『気』を放出することができるようになり、瞬く間に口と喉を漱ぐことで常人の何倍ものスピードとパワーを得て、達人と呼ばれるようになった。こうして宇凱は自らの名を冠した「宇凱拳」を作り出し、弟子はを枕にして厳しい修行に耐えた。ちなみに、「流れに漱ぎ、石を枕にす」という故事は宇凱拳に因む。[要出典]

やがて宇凱拳は中国の民間信仰と習合し、「清め」「禊」の文化と交じり合って、神社などでに祈る前にうがいをすることが当たり前になったという。

効能[編集]

「うがいがあれば、何でもできる」
うがい について、アントニオ猪木

以下のように、宇凱拳は肉体のみならず精神をも鍛えることができる。

  • 鼻や口から入った『気』を清めることにより、病を元から断つ。
  • 呼吸を整えることで肺活量を上昇させる。
  • 喉を震わすことにより、喉奥の甲状腺を刺激し、ホルモンバランスを調節する。
  • 喉には頸動脈が走っているため、適度に動かすことにより、血流を活発化させ、一時的に爆発的な身体能力を得る
  • 口の中の水の動きを口内粘膜で感じ取ることにより、黄金の回転を作り出し、ムダな動きを無くす。
  • 上級者ともなれば、口から放つ水で岩をも真っ二つにできるようになる。
  • 更なる上級者になると、もはや水なしでも空気だけでうがいが出来るようになる。
  • 周囲に澄んだ空気が満ちた環境であれば、マイナスイオンを取り込んで呼吸で竜巻すら巻き起こせる
  • 最強レベルまで鍛えると、霞をうがいするだけでエネルギーを取り出して生きていけるようになる。

やりかた[編集]

通常うがい(喉うがい)
適度に水を含み、上を向き、口と喉を攪拌する。この際に上を向くのは、開祖・宇凱が天を仰ぎ見て神の啓示を待ったことに因む。
初心者は1回30秒、秒間1呼吸を目安にすると良い。達人の域ともなれば1回3秒、秒間10回は堅い。
また宇凱拳第十七代継承者・伊宗仁(い・そうじん)は、フッ素を水と一緒に取り込むことにより、通常のうがいを上回る身体能力向上を図った。製薬会社『イソジン』の名がこれに因むのは言うまでもないが、イソジンのマスコットキャラがカバなのは、伊宗仁がこのフッ素うがいを使用したパワーアップにより、陸上最強の生物[2]と言われるカバを素手で調伏したという故事にちなむ。
口うがい
水を含み、前を向いた状態で口を攪拌する。喉うがいに比べると効果は落ちるが、のマッサージ効果を持つ。
宇凱拳第九代継承者・門陀明(もん・だみん)は特殊な薬湯を用いることにより、時の王侯貴族たちを悩ませていた虫歯を『気』の取入れと放出により治療したと言われている。現在アース製薬が販売している歯磨き薬「モンダミン」はこの門陀明に因む。
鼻うがい
鼻で水を吸いこんで、喉に落ちてくる前に根性で止めて激しくシェイクしてもう一方の鼻の穴から出す。
古くは拷問で使用されていた鼻腔のを洗い流すのに使用されていた。「膿を出す」という諺はこの鼻うがいに因むという説が支配的である。

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本で「病は気から」ということわざがあるが、その思想もこれに近い。
  2. ^ 人類史上「実在」が確認できる最古の人物・エジプト古王朝創始者ナルメルはカバに殺されたと言われており、現在のアフリカでもカバに殺された人はライオンに殺された人よりも多い。嘘ばっかり書いているこの記事であるが、これはマジである

関連項目[編集]


やめられない、止まらない この記事「うがい」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)