いや、ああ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

いや、ああとは、日本語の返事の一種である。主にあんまり気が乗らないか、やりたくもないときの返事である。

概要[編集]

いや、ああとは返事の一種である。同義語には、ああ、はい。うん・・・はい。へいへいなどの言葉がある。

この言葉を使う際はあくまでも、体からだりぃオーラを出しながらいうことが重要となる。そうでないと聞いた側に変な風に解釈をされるからだ。

あくまでもこの言葉は気が乗らないときの返答なので平常時に使うことはとくにあれである。

なお、女性が甲高い声で「いやあぁーー」と叫ぶとそれはまったく別の意味の言葉となるので注意が必要である。

言語学的解釈[編集]

言語学者の銀田二冬彦は専門雑誌『言語』に「「いやああ」の語順について」という論文を寄稿している。それによると、自らの意思を明言することを避ける日本人にしてはめずらしく、第一声ではっきり「嫌」と主張する言葉であるという。そしてその後で「ああ」と主張をはぐらかしている。

一般的に日本人は最初にはぐらかしの表現を使い、次に自己の主張や感情を述べる傾向にある。たとえば「まあ、いいでしょう」「どうも、すみません」といった具合である。「いや、ああ」はそれとは語順が逆であり、外国人が初めて使った言葉ではないかと指摘する。つまり、母国での会話と同じように第一声で自己主張し、そういった態度を嫌う日本の雰囲気を察して、その主張を慌ててはぐらかしたのが始まりではないかと考察している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「いや、ああ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この項目「いや、ああ」は、執筆者が精神病院から編集した可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)