いて座

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いて座」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「射手座」の項目を執筆しています。

いて座(いてざ、射手座、サジタリウス)は、古代ギリシアの人間が空に浮かぶ星のうち、を射ようとしている怪物のように見える部分に関して、こう名づけた星座である。星座記号は弓矢とひげを合わせたような幹事である。

星座概要[編集]

射手座はその名の通り、半分動物で半分人間の生物が、何かを射ようとしている姿を描写しているとされる。しかし、暗い星ばかりでどこが弓なのか分かりにくく、昨今ではギリシア人の観測はおかしいという解釈もされるようになってきている。

代わって現れているのはティーポットから茶を注ごうとしている姿とされ、戦闘に燃える生物ではなく、実はリラックスしようとしている生物であったということになっている。また、柄杓から水を注ごうとしている人物にも喩えられる。

いずれにせよ文化思想での観点以外、例えば天文学では無関係なことなので、どうでもいいのかもしれないが。

星座の位置としては「ヘヘ~イ!この矢で糞虫サソリを撃ち殺してやるぜ~!」というような感じになる。

いて座の人[編集]

11月23日12月21日生まれの人が該当し、破壊属性を持ち、浮気性の神様を守護神とする。

「一言でいえば明るく天真爛漫。知的欲求が高く、グローバルな視点であらゆるものに興味を示す。興味を持ったものにはすぐに飛びついて身をもって体験するというタイプ」とあるが、すべてのいて座の人がこうだったら、いて座にやなやつはいない。

関連項目[編集]

Black sleep.jpg 私はこの項目「いて座」を完全には書いていません
私は文字を書く力がないので誰かdrawしてください。
私はこの項目が良いものであることを望みます。 
誰かこの項目を書くことが出来るでしょうか? (Portal:スタブ)