あまちゃん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情シュークリーム分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あまちゃん」の項目を執筆しています。

あまちゃん』とはNHKで2013年4月から9月まで放送された連続テレビ小説。156。『ゲゲゲの女房』で波を起こし『カーネーション』でさらに大きくした波をいとも簡単につぶした『純と愛』で離れた視聴者を呼び戻すためのドラマで、次作『ごちそうさん』でさらに視聴者を集めるためのつなぎドラマ。

主人公が驚いたときに使う「じぇじぇじぇ」は流行語大賞にも選ばれた。

概要[編集]

前作『純と愛』ではホテルを売ったり焼けたり、さらには主人公の夫が死んだりとしたが今作では東日本大震災が来るまでは不幸要素が全くないドラマであった。主人公・天野アキは当初、海女を希望し祖母による厳しい指導を乗り越えた。しかしその後東京へ向かいアイドル活動を行う。在京については母親は反対していた。

所属したAKB48GMT47では、床下の「二軍」に充てられた。その後表舞台に出始めるが元アイドルで過保護な母親が勝手に脱退させ、アキは母親と芸能活動を行う。途中禁断の恋などもあったが、諦めてすぐ東日本大震災が襲った。幸い、死亡フラグは立っていなかったため誰も死ななかったが惨状を見て再び海女としての活動を行う。

その後は誰も、何も知らなかったが第64回(2013年)紅白歌合戦に天野アキと母親、アキの友人で公共放送の乗っ取りに成功し、下手な茶番でお茶の間を静まり返らせた。

天野アキは能年玲奈、母親は小泉今日子ではないかという主張がいまだ一部あるが、紅白では天野と記されていたためその主張は違う可能性が高い。また、北三陸鉄道の中身は三陸鉄道であるという主張もある。

余波[編集]

あまちゃんが有名になった一つとして夏の甲子園で準優勝した延岡学園高校が応援歌にこのテーマを使っていて、無敗だったということもある。また、前作と違い震災被害を受けた東北を舞台に放送したことが大きい。

先述のように「じぇじぇじぇ」は流行語大賞を受賞し、海女というフレーズが出るとあまちゃんのテーマが流れることが非常に多くなった。

番組の視聴率は20%を超えることもあり、ゲゲゲの女房以来久しぶりに安定して視聴率の取れる番組となった。また、当初の目論見通り次作のごちそうさんはそれ以上の視聴率を残している。

関連項目[編集]

この番組「あまちゃん」はまだ前番組放送中の状態です。今のうちに台本をじぇじぇじぇと驚かす加筆・修正を必要としています (Portal:スタブ)