あさりちゃん (職業)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あさりちゃん」の項目を執筆しています。

あさりちゃん」とは、大都会で、深夜から朝にかけて、コンビニなどで見受けられる人々のことである。

概要[編集]

「あさりちゃん」とは、人としてのプライドを捨てざるを得なかった悲しい存在の総称である。その多くは昭和の時代から存在していた。もっとも、当時は別の名前だった。それが平成になると差別だのなんだのと言葉狩りの対象となってしまったため、結局、実情からかけ離れた「あさりちゃん」などのその他もろもろの表現に差し替えられた経緯が存在する。

あさりちゃんの実情[編集]

前述したように、「あさりちゃん」という存在はかなり新しいものであるが、その歴史は古く、中には数十年にわたってこの生活を続けている人もいる。その生活とは、つまり、その、ななんていうか、まぁ、あさりちゃんである。

この問題は残念なことに2008年9月に発生した金融危機以来深刻化しており、日本全土に派遣切りされた失業者や、家を追い出された無職の人間が増えたことなどにより、生きるためにコンビニで「あさりちゃん」。わずかでも現金を得るために駅で「あさりちゃん」という悲しい光景が各地で散見されている。これが、飽食と豊かさで有名な日本の闇の部分である。

世界のあさりちゃん[編集]

しかし、このような光景はいわゆる発展途上国においては常態化しており、特に有名なフィリピンスモーキー・マウンテンでは、住民全員が「あさりちゃん」である。平均寿命?聞くな、そんなこと。また、バングラデシュベトナム中国北朝鮮でも、老若男女を問わず「あさりちゃん」がたむろする地区が存在している。ましてや、インドでは「あさりちゃん」は立派な職業である。

人間が生きるってのは、そういうことである。

やしきたかじん[編集]

しかし、こんな状況に陥るなんてことは、誰にだってありうる話である。やしきたかじんの逸話の中に、京都で流しのギター弾きをしていた時代、空腹のあまり「あさりちゃん」になるかならないかを逡巡したことがあるとのエピソードがある。誰だってありうるのである。なお、このとき一緒に笑福亭鶴瓶もなるかならないかで迷ったというから、両人ともにいかに金がなかったかという話である。ちなみに、この話のオチは、本物の「あさりちゃん」に「素人が食ったら腹を壊すぞ」と諭されて未遂に終わっている。

漫画版あさりちゃん[編集]

職業「あさりちゃん」を正面から漫画にしたのが、漫画界の鬼才、永井豪である。その作品『オモライ君』の内容は、想像を絶するほどひどく、表現の自由を見事に崩壊させるぐらいにシャレにならない内容である。全編汚らしさに満ち溢れており、この作品で氏は時代の先鋭をになう人物として認められている。ちなみに、表現の限界に挑んだこの作品は現在、普通に販売されている。いい時代である

昔のあさりちゃん[編集]

「あさりちゃん」の歴史は古く、江戸時代においては、その存在は組織化され、社会の一翼を担うほど大きな勢力であったことが知られている。その名は歴史的な名作小説『破戒』にも出てくるほどである。ちなみに、ドラえもんの秘密道具にも、「あさりちゃん」にまつわるものが存在する。そのため、ある年齢より上の世代は、「右や左のだんな様~」という言葉が強烈に植えつけられていて困る

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あさりちゃん (職業)」の項目を執筆しています。