あさま山荘事件

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

あさま山荘事件(あさまさんそうじけん)は、1972年に、日清食品の当時の新製品カップヌードルを大体的に宣伝した出来事である。

概要[編集]

日清食品は当初、自衛隊をターゲットとした販売戦略を立てていたが、需要は縮小する一方であった。そこで当時日清の社長であった安藤百福は、消費者にカップヌードルを売り込む戦略を立て、カップヌードルを大体的に宣伝するよう社員らに檄を飛ばした。

発生[編集]

社長の命を受けた社員らは、当初栃木県真岡市の銃砲店で宣伝したが、十分な宣伝効果を得られなかった。次に社員らが目を付けたのは、群馬県の山岳地帯に来た旅行客であった。しかし宣伝の方針を巡って社員同士で揉めて、挙句には、バキューン!!した。

次に選んだ場所があさま山荘であった。この場所は株式会社河合楽器製作所の武器庫であった。

コロニー落とし。

そして、あの『あさま山荘事件』が起こった。社員らは、山荘の夫婦を人質に取った。幸い中には、食糧やバズーカー、手裏剣手榴弾火炎瓶等があり長期の抵抗が可能であったため、警察は手に焼いた。

日本政府は切り札としてコロニー落としを慣行した結果、社員らは全員死亡した。しかしながら、付近をたまたま通りかかった連合赤軍のメンバーらが犯行を「自供」した。この自供により、事件はさらに注目を浴びた。

この出来事がきっかけで、カップヌードルが爆発的大ヒットを記録した。

被害[編集]

死亡[編集]

  • 警察関係者:20名
  • 桜田門組:2名
  • マスコミ関係者:15名
  • カワイ楽器:保養所全壊

重軽傷者[編集]

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あさま山荘事件」の項目を執筆しています。
将軍様の肖像.jpg 偉大なる将軍様はこの記事あさま山荘事件内容に満足していないことを表明し、更なる内容の充実と加筆を指導なさいました。人民はみな進んで加筆作業を進めることにより、この記事は更に良いものになることでしょう。 (Portal:スタブ)