あきらめかけたその時!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

あきらめかけたその時! (-とき)とは、よくバラエティ系の再現ドラマでよくどこかのナレーターさんが発言する魔法の呪文である。この魔法の呪文でテレビ局は視聴率アップを出来ると思っている。

例えばの使われ方[編集]

  • 一人の登山家がとある雪山で遭難し、絶対絶命!!もはや「死」しかないのか?そんな絶望を懐き「あきらめかけたその時! 」突然なんと吹雪が止み視界が晴れていったのだ!
  • 交通事故にあい、両足切断という結果になった少女!「もう自分は一生立てない」と「思いあきらめかけたその時! 」クラスメイトがなんと彼女の周りを囲んでいるのだ!そして自分は気がついた。「自分にはこんなに仲間がいる」と改めて仲間を大切に思うようになった出来事だった。
  • 恐るべき破壊力を持つ天空の城ラピュタ。それを悪用しようとするムスカにより世界が脅かされた!はたしてこのまま世界はムスカに支配されてしまうのか!「あきらめかけたその時!」突然二人の少年少女により叫ばれたとある魔法の呪文でラピュタは崩れ、世界は救われたのだった。
  • 圧倒的な一星龍の力の前に、遂に悟空は倒された。深い絶望がみんなの心に押し寄せ、「あきらめかけたその時!」奇跡は起きた! なんと、倒されたはずの悟空が宇宙規模の元気玉を作り出し、一星龍を倒したのである!!
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • あきらめかけたその時!