出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

(無限大、むげんだい)とは、無量大数グーゴルグラハム数グーゴルプレックスよりもずーと、ずぅーーと、ずぅぅぅぅぅーーーーーと、巨大な数である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

概要[編集]

1とは等しくもゼーッタイに、ゼェェェェーーーータイならない。よく8の数字をひっくり返した字と間違える人たちもいるが、全然違う。なぜなら、ひっくり返したのではなく倒したからである。また人間が勝手に作った円周率の桁数でも遥かに遠い。

もちろんウィキペディアアンサイクロペディア内の字1つ1つを全部数えても、ゼェェーータイに無限大にはたどり着けない。というよりありえない。 足し算してもかけ算しても、ゼェェェェェェーーーーータイ無理。

そしてもちろんそれを数字で表記しようと言うなら∞TB、すなわち∞GB、∞MB、∞KB、∞Bの容量になる。

無限大の大小[編集]

その昔、カントールというキチがいが0から1の間にある実数の個数を数えようとした結果、実数は数えられない事を悟ったという(どんなに数えても数えてない実数が出てきてしまう)。 このことから1=2では自然数の無限大=1と等しくできるが、実数の無限大は1とは等しくないことが示されたらしい。 また、実数の個数よりも二次元にある直線の本数のほうが多いことも知られている。 だから、つまるところでいうと、無限大にも大小があるので注意が必要である。らしい。理解出来たかい?だからどうしたって感じの君は人間に近いボノボで、理解できたら大統領になれるかもね。

1とは等しくもゼーッタイにならないとも限らない可能性[編集]

  • ∞+1=∞である。
  • また∞を2倍しても∞である。
  • ∞=2∞である。つまり
  • 2∞=∞+∞=∞+1である。
  • よって∞=1となる。

無限大の言葉が使われるもの[編集]

  • 宇宙-宇宙はどこまで続いているか。
  • 未来-未来はいつまで続くか。
  • 過去-過去はどこから始まりか。
  • シ○人-妄言フィーバー中です。エサをあげないでほしい。
  • チ○ン国民-妄想がどこまでいくのか。
  • 無限大な夢の後のやるせない翼でも飛べるらしい。
  • ウィキペディア-ウィキペディアはいつまで続くか。
  • アンサイクロペディア星-アンサイクロペディア星はいつまであるか。


関連項目[編集]

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)