“よく”

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
”よく”から転送)
移動先: 案内検索
“よく”もジーンを!!」
“よく” について、デニム曹長

“よく”とは、文章において特定の語句を“よく”強調して見えるように“よく”おかれる便利な単語である。この記事で“よく”分かるように解説する。


概要を“よく”知る[編集]

やあ、このページに“よく”来たね。
“よく”の正しい使い方を“よく”知りたいなら、この記事を“よく”見て欲しい。

先述の通り、用途は特定の語句を強調するために前後に“よく”おかれる。

例文:詳しくは、情報誌や専門ページを“よく”確かめましょう。

  • “よく”の人間も“よく”使っている。だと思うなら“よく”望に駆られるままに“よく”日に確かめてみて欲しい。

使いすぎは時として相手の顰蹙をかう事も“よく”ある為、ある程度“よく”制する事も大切である。しかし、万が一相手との関係が破綻しても心をつ“よく”持ち、く“よく”よする事はない。要はき“よく”正しくバランス“よく”使用する事が大切なのである。

歴史を“よく”知る[編集]

歴史は“よく”分かっていないが、大政“よく”賛会結成時にはすでにあったことが“よく”知られている。この頃は現在のように“よく”ないイメージは蔓延していなかった。

90年代にインターネットの普及とともに掲示板も広がっていったが、同時にこの単語も“よく”広がっていった。今現在ではこの単語は“よく”使われるようになった。なお、あわ“よく”ば今年の流行語大賞にもエントリーされるだろう。

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

本来の語源を“よく”知る[編集]

関連項目を“よく”見ると分かるように、本来の語源は「“よ”みに“く”い文章」の略である。

関連項目を“よく”見る[編集]

外部リンクを“よく”見る[編集]


そこの貴方、この記事を“よく”加筆しましょう (Portal:スタブ)