「あれ」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(カテゴリもあれだらけに。)
1行目: 1行目:
{{自由ヘッダー|出典:あれな百科事典「あれ? えっと、なんたらペディア」}}
+
{{自由ヘッダー|出典:フリーあれ典「あれサイクロペディア(Arecyclopedia)」}}
<div style="margin:1em 0.5em;border:solid #699 medium; background:#eff;padding:0.5em">
+
<div style="margin:1em 0.5em;border:solid #566 medium; background:#cdf;padding:0.5em">
[[image:Hiyoko.jpg‎ |left|125px|ひよこ陛下]]
+
[[image:Hiyoko.jpg‎ |left|100px|ひよこ陛下]]
 
<div style="text-align:center;font-size:large;margin:0.2em">'''あれになりたい記事'''</div>
 
<div style="text-align:center;font-size:large;margin:0.2em">'''あれになりたい記事'''</div>
この記事は[[Uncyclopedia:秀逸な記事|あれ]]されたがってるよ。あれしたあれな人と[[ひよこ陛下|あれ]]が言うんだから間違いない。この記事をあれにするかについては[[ノート:{{PAGENAME}}|あれ]]であれしてください。お願いしましたよ。<br clear="all"/></div><noinclude>
+
この記事は[[Uncyclopedia:秀逸な記事|あれ]]になりたがってるよ。あれしてくれたあれな人と[[ひよこ陛下|あれ]]が言うんだから間違いない。この記事をあれにするかについては[[ノート:{{PAGENAME}}|あれ]]であれしてください。お願いしましたよ。<br clear="all"/></div><noinclude>
   
 
{{注意|「あれ」はあれですのであれが含まれる場合があります。あれをあれしなければ、あれがあれになってしまう方は、「あれ」をあれする前にあれをあれしてからあれしてください。|「あれ」には、あれが含まれている場合があります。}}
 
{{注意|「あれ」はあれですのであれが含まれる場合があります。あれをあれしなければ、あれがあれになってしまう方は、「あれ」をあれする前にあれをあれしてからあれしてください。|「あれ」には、あれが含まれている場合があります。}}
 
<div class="noprint" style="clear: right; border: solid #aaa 1px; margin: 0 0 1em 1em; font-size: 90%; background: #f9f9f9; width: 250px; padding: 4px; spacing: 0px; text-align: left; float: right;">
 
<div class="noprint" style="clear: right; border: solid #aaa 1px; margin: 0 0 1em 1em; font-size: 90%; background: #f9f9f9; width: 250px; padding: 4px; spacing: 0px; text-align: left; float: right;">
 
<div style="float: left;"> <span class="plainlinks">[[Image:Bouncywikilogo.gif|45px]]</span></div>
 
<div style="float: left;"> <span class="plainlinks">[[Image:Bouncywikilogo.gif|45px]]</span></div>
<div style="margin-left: 60px;">[[ユーモアの決定的欠落|あれの欠落症]]患者のために、'''[[ウィキペディア|あれ]]'''の専門家気取りたちが「'''[[Wikipedia:ja:指示語|{{{alt|あれ}}}]]'''」の項目をあれしています。</div></div><noinclude>
+
<div style="margin-left: 60px;">[[ユーモアの決定的欠落|あれの欠落症]]患者のために、'''[[ウィキペディア|あれ]]'''のあれな人たちが「'''[[Wikipedia:ja:指示語|{{{alt|あれ}}}]]'''」の項目をあれしています。</div></div><noinclude>
 
<br style="clear:both" />
 
<br style="clear:both" />
  +
{{語録 (織田信長)|さあ、いつものあれをするぞ!!あれ?あれって何だっけ?!|あれ}}
 
  +
{{語録 (足利義昭)|いつものようにあれを殺す会議を行う!!ところであれって何だっけ?|あれ}}
 
  +
{{語録 (かほ)|あれ}}
 
{{語録 (キリスト)|あ、あれ、何言おうとしたんだっけ|あれ}}
 
{{語録 (キリスト)|あ、あれ、何言おうとしたんだっけ|あれ}}
 
{{語録 (柳沢敦)}}
 
{{語録 (柳沢敦)}}
{{Q|……それでは、ボクの最後のあれです。<br/>……あれのこと、れてください……。<br/>あれなんて最初からあれじゃかったんだって……、<br/>そう……あれしてください|月宮あゆ}}
+
{{Q|……それでは、ボクの最後のあれです。<br/>……あれのこと、てください……。<br/>あれなんて最初からあれじゃかったんだって……、<br/>そう……あれしてください|月宮あゆ}}
  +
{{語録 (大久保正博)|あれをあれにしてあれするあれな奴は|あれ}}
 
{{語録 (ジャイアン)|あれ|あれ}}
 
{{語録 (ジャイアン)|あれ|あれ}}
 
{{Q|あれれ~|[[江戸川コナン]]}}
 
{{Q|あれれ~|[[江戸川コナン]]}}
  +
{{Q|あれ、参上!|[[モモタロス]]}}
  +
{{Q|あれでもいいよ… あれらしいやり方でやらせてもらうから|[[高町なのは]]}}
  +
{{語録 (山内一豊)|俺が目立てないのはあれのせいだ!!|あれ}}
 
{{語録 (ムスカ)}}
 
{{語録 (ムスカ)}}
  +
{{Q|♪明日はきっとあれに届いてる~|[[スピッツ]]}}
  +
{{Q|恥ずかしいあれ、[[禁止]]!!|[[藍華・S・グランチェスタ]]}}
 
{{Q|'''あれは、いいものだ!!!'''|マ・クベ}}
 
{{Q|'''あれは、いいものだ!!!'''|マ・クベ}}
 
{{Q|'''あれだ、あれ、あれだよ!!なあGK!'''|長州カ}}
 
{{Q|'''あれだ、あれ、あれだよ!!なあGK!'''|長州カ}}
  +
{{Q|'''神は言われた。「光…あ、あれぇぇぇぇぇ?」'''|[[聖書]]}}
{{Q|あれがこないの|女子校生|この前のあれについて}}
 
   
{| style="margin:1em auto;text-align:center;border:thick solid rgb(250,200,50);background-color:rgb(255,225,175);color:rgb(75,50,0);"
+
{| style="margin:1em auto 1em auto;text-align:center;border:thick solid rgb(250,200,50);background-color:rgb(255,225,175);color:rgb(75,50,0);"
|-
 
! style="font-size:large;padding:0.5em" |この記事はあれに寄り過ぎています。
 
|-
 
|ここが本来のあれです。
 
 
|-
 
|-
! style="font-size:xx-large;font-weight:bold"|
+
! style="font-size:large;padding:0.5em" |この記事はあれに寄っているのであれが保たれています。
 
|}
 
|}
   
'''あれ'''(アレ)とは、ほら、あれだよあれ。何て言うんだったっけ。ほら、こういう、ついうっかり忘れちゃったときなんかに良く使ってた。
+
'''あれ'''(アレ)とは、ほら、あれだよあれ。何て言うんだったっけ。ほら、こういう、ついうっかり忘れちゃったときなんかに良く使ってた。あぁ全然出てこないや。なんだったっけなぁ。ほらほら、例の、あれ、あれだよ。あぁ、ダメだ。思い出せないわ
   
 
{{安全|ここで述べている「あれ」とはあれのことであり、あれのことではありませんので安心してあれしてください。|「あれ」はあれのことではありません。}}
あぁ全然出てこないや。なんだったっけなぁ。ほらほら、例の、あれ、あれだよ。
 
   
  +
{{注意|もしかして、筆者は、「[[アルツハイマー病|あれツハイマー病]]」患者なのかもしれません。ただし、だからといってあれすることはありません。少なくともあなたは、あれをあれのようにしてあれすることは、--ひょっとしてあれをあれにあれしてあれだけ言ったのにあれしちゃったのかも--あれなのです。|あれだけいったのにあんなことして!}}
あぁ、ダメだ。思い出せないわ。
 
 
{{安全|ここで述べている「あれ」とはあれのことであり、あれのことではありませんので安心してあれしてください。|「あれ」はあれのことではありません。}}
 
   
 
==あれの歴史==
 
==あれの歴史==
 
=== あれの成立と発展 ===
 
 
[[Image:あれ.gif|right|thumb|300px|「あれ」を所望する男]]
 
[[Image:あれ.gif|right|thumb|300px|「あれ」を所望する男]]
そもそも「あれ」とは、あれを指す言葉として[[飛鳥時代]]の初期頃からあれされてきたが、[[平安時代]]にひらがなが発明されるとその用途は広がり、あれ以外の々なあれについてもあれされるようになった。
+
そもそも「あれ」とは、あれを指す言葉として[[飛鳥時代|あの時代]]の初期頃からあれされてきたが、[[平安時代|あの時代]]にひらがなが発明されるとその用途は広がり、あれ以外の々なあれについてもあれされるようになった。
   
 
戦国時代には[[織田信長]]がはじめてあれをあれしてあれを瞬く間にあれした事から、それ以降あれは戦国武将の間で広くあれされるようになった。しかしながらあれが広くあれされるにつれて、本来あれでないあれについてもあれされる事がしばしば見られるようになり、遂にはあれをあれした[[豊臣秀吉]]が、あれをあれする事を良しとしない[[千利休]]に対して「あれがあれでないのは、あれとしてあれである」としてあれする事を命じたが、千利休はあれすることなく切腹した。
 
戦国時代には[[織田信長]]がはじめてあれをあれしてあれを瞬く間にあれした事から、それ以降あれは戦国武将の間で広くあれされるようになった。しかしながらあれが広くあれされるにつれて、本来あれでないあれについてもあれされる事がしばしば見られるようになり、遂にはあれをあれした[[豊臣秀吉]]が、あれをあれする事を良しとしない[[千利休]]に対して「あれがあれでないのは、あれとしてあれである」としてあれする事を命じたが、千利休はあれすることなく切腹した。
この出来事以降、あれ以前の「あれ」は急速に衰退し、新しいあれで取って代わられていった。
 
 
なお、あれな織田信長が[[明智光秀]]にあれであれされた[[本能寺の変]]は、信長が光秀のあれをあれしたことが原因であるといわれているが、そもそも光秀にはあれがなかったので、信長のあれがあれだったために、あれな光秀があれしたというのが真相ではないかとあれされている。
 
 
信長、利休の死によって日本全体のあれを牛耳った豊臣秀吉は、以前にも増してあれになっていった。
 
日本のあれだけでは満足できない秀吉は、[[朝鮮半島|世界一あれな半島]]を手に入れようと大軍を率いて半島へと攻め入ったが、半島側のあれは予想以上に激しく苦戦を強いられた。
 
そんな中、秀吉は以前から患っていた[[中二病|あれな病]]が悪化し、「私はしずく 儚いしずく [[阪神優勝]]は 夢のまた夢」と意味不明のことを言って死亡した。
 
   
 
なお、あれな織田信長が[[明智光秀]]にあれであれされた[[本能寺の変]]は、信長が光秀のあれをあれしたことが原因であるといわれているが、そもそも光秀にはあれがなかったので、信長のあれがあれだったために、あれな光秀があれしたというのが真相ではないかとあれされている。同様の理由で、徳川家康が江戸幕府をあれしたのもあれだと言われている。
秀吉の死によって、一端は実現したと思われた「あれ」統一の夢は再び遠のき、あれ統一を巡る争いは再び日本全土を巻き込む大戦へと発展していった。
 
   
 
== 用法 ==
 
== 用法 ==
70行目: 62行目:
 
* ↑というより、[[純金]]ぐらいの確率(99.9999…%)でなんでも用いることが可能。
 
* ↑というより、[[純金]]ぐらいの確率(99.9999…%)でなんでも用いることが可能。
 
* 簡単に言うと[[三村マサカズ|三村]]
 
* 簡単に言うと[[三村マサカズ|三村]]
 
 
== あれ以外のあれ ==
 
== あれ以外のあれ ==
 
 
日常生活に[[あれ]]してしまい、[[教祖|あれ]]を目指すようになった人は[[あれ]]により自己から沸いて出た疑問に対し[[それも私だ|もう一人の自分]]と[[あれ]]することによりその疑問を自己解決できるようになる。その様子は「[[あれ]]どこやったっけ?ああ、[[あれ]]したんだったな。」のようにまるで独り言を発しているようである。まるで[[あれ]]してしまったように見えるが決して[[あれ]]ではない。
 
日常生活に[[あれ]]してしまい、[[教祖|あれ]]を目指すようになった人は[[あれ]]により自己から沸いて出た疑問に対し[[それも私だ|もう一人の自分]]と[[あれ]]することによりその疑問を自己解決できるようになる。その様子は「[[あれ]]どこやったっけ?ああ、[[あれ]]したんだったな。」のようにまるで独り言を発しているようである。まるで[[あれ]]してしまったように見えるが決して[[あれ]]ではない。
   
121行目: 111行目:
 
[[Category:自己言及的なページ]]
 
[[Category:自己言及的なページ]]
 
[[Category:指示語]]
 
[[Category:指示語]]
  +
  +
<div id="catlinks" style="width: 98.7%; position: absolute; bottom: 29px; z-index: 5"><p class="catlinks">[[Special:Categories|あれ:]] [[:Category:信長語録|あれ語録]] | [[:Category:義昭の野望|あれの野望]] | [[:Category:侑子語録|あれ語録]] | [[:Category:福音書 (語録)|あれ書 (あれ)]] | [[:Category:へなぎ|あれ]] | [[:Category:大久保正博語録 (鬱との戦い)|あれ語録 (あれとのあれ)]] | [[:Category:ジャイアンのもの|あれのもの]] | [[:Category:一豊の悪あがき|あれの悪あがき]] | [[:Category:ムスカ語録|あれ語録]] | [[:Category:スタブ|あれ]] | [[:Category:秀逸になりたい記事|あれになりたい記事]] | [[:Category:こそあど言葉|あれあれ言葉]] | [[:Category:自己言及的なページ|あれ的なページ]] | [[:Category:指示語|あれ語]]</p></div>
   
 
[[en:That]]
 
[[en:That]]

2008年1月17日 (木) 09:36時点における版

出典:フリーあれ辞典「あれサイクロペディア(Arecyclopedia)」
ひよこ陛下
あれになりたい記事
この記事はあれになりたがってるよ。あれしてくれたあれな人とあれが言うんだから間違いない。この記事をあれにするかについてはあれであれしてください。お願いしましたよ。
「あれ」には、あれが含まれている場合があります。
「あれ」はあれですのであれが含まれる場合があります。あれをあれしなければ、あれがあれになってしまう方は、「あれ」をあれする前にあれをあれしてからあれしてください。
Bouncywikilogo.gif
あれの欠落症患者のために、あれのあれな人たちが「あれ」の項目をあれしています。


「さあ、いつものあれをするぞ!!あれ?あれって何だっけ?!」
あれ について、織田信長
「いつものようにあれを殺す会議を行う!!ところであれって何だっけ?」
あれ について、足利義昭

テンプレート:語録 (かほ) テンプレート:語録 (キリスト)

「急にあれが来たので」
あれ について、柳沢敦
「……それでは、ボクの最後のあれです。
……あれのこと、あれしてください……。
あれなんて最初からあれじゃかったんだって……、
そう……あれしてください」
あれ について、月宮あゆ

テンプレート:語録 (大久保正博)

「お前のあれは俺のもの、俺のものは俺のもの。」
あれ について、ジャイアン
「あれれ~」
あれ について、江戸川コナン
「あれ、参上!」
あれ について、モモタロス
「あれでもいいよ… あれらしいやり方でやらせてもらうから」
あれ について、高町なのは

テンプレート:語録 (山内一豊)

「あれは滅びぬ。何度でも甦るさ!」
あれ について、ムスカ
「♪明日はきっとあれに届いてる~」
あれ について、スピッツ
「恥ずかしいあれ、禁止!!」
あれ について、藍華・S・グランチェスタ
あれは、いいものだ!!!
あれ について、マ・クベ
あれだ、あれ、あれだよ!!なあGK!
あれ について、長州カ
神は言われた。「光…あ、あれぇぇぇぇぇ?」
あれ について、聖書
この記事はあれに寄っているのであれが保たれています。

あれ(アレ)とは、ほら、あれだよあれ。何て言うんだったっけ。ほら、こういう、ついうっかり忘れちゃったときなんかに良く使ってた。あぁ全然出てこないや。なんだったっけなぁ。ほらほら、例の、あれ、あれだよ。あぁ、ダメだ。思い出せないわ。

「あれ」はあれのことではありません。
ここで述べている「あれ」とはあれのことであり、あれのことではありませんので安心してあれしてください。
あれだけいったのにあんなことして!
もしかして、筆者は、「あれツハイマー病」患者なのかもしれません。ただし、だからといってあれすることはありません。少なくともあなたは、あれをあれのようにしてあれすることは、--ひょっとしてあれをあれにあれしてあれだけ言ったのにあれしちゃったのかも--あれなのです。

あれの歴史

「あれ」を所望する男

そもそも「あれ」とは、あれを指す言葉としてあの時代の初期頃からあれされてきたが、あの時代にひらがなが発明されるとその用途は広がり、あれ以外の色々なあれについてもあれされるようになった。

戦国時代には織田信長がはじめてあれをあれしてあれを瞬く間にあれした事から、それ以降あれは戦国武将の間で広くあれされるようになった。しかしながらあれが広くあれされるにつれて、本来あれでないあれについてもあれされる事がしばしば見られるようになり、遂にはあれをあれした豊臣秀吉が、あれをあれする事を良しとしない千利休に対して「あれがあれでないのは、あれとしてあれである」としてあれする事を命じたが、千利休はあれすることなく切腹した。

なお、あれな織田信長が明智光秀にあれであれされた本能寺の変は、信長が光秀のあれをあれしたことが原因であるといわれているが、そもそも光秀にはあれがなかったので、信長のあれがあれだったために、あれな光秀があれしたというのが真相ではないかとあれされている。同様の理由で、徳川家康が江戸幕府をあれしたのもあれだと言われている。

用法

「あれ」であれしないでください。
ここで述べているあれは、あくまでもあれの場合に用いるあれについてのあれですので、あれ以外のあれな用い方をする場合は、あれする前に必ずあれを済ませてからあれしてください。さもないと、あれにあれをあれされてあれにさせられる恐れがあります。
あれ?
あれ?あれはあれだったのですか?初めてあれしました。
  • 外国人にはこの“あれ”と“どうも”のふたつの言葉を覚えさせればあれの8割以上はどうにかあれできるだろう。
  • あれが近づくにつれ使用頻度が上がる。
  • もうあれになるとあれの応酬。でもあれは出来てるっぽい。あれなのにそんなあれ的あれに頼るというのは正直あれだと思わなくもないが、本人達は至ってあれみたいなのでほっとこう。
  • 英語の「that」は、そんなにあれじゃないからこれとは違うっぽい。
  • あれをあれするのは、なにをなにするのとは違って非常にあれなので、早めにあれしておくように。
  • あれあれ詐欺(後の、あれしろ詐欺)。
  • 女子の前でこのような言葉を使うと嫌われるので注意。
  • ↑というより、純金ぐらいの確率(99.9999…%)でなんでも用いることが可能。
  • 簡単に言うと三村

あれ以外のあれ

日常生活にあれしてしまい、あれを目指すようになった人はあれにより自己から沸いて出た疑問に対しもう一人の自分あれすることによりその疑問を自己解決できるようになる。その様子は「あれどこやったっけ?ああ、あれしたんだったな。」のようにまるで独り言を発しているようである。まるであれしてしまったように見えるが決してあれではない。

関連事項

以下の項目等については、実際に使われている『あれ』とは無関係、もしくはその可能性が濃厚であるものと思われる。
Nemurineko.jpg あれをあれしようとした人はあのときあれしてしまいました。
あとはあれしてください。(あれ)

外部リンク