「月極駐車場」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(「つきぎめ」の間違いじゃね?)
27行目: 27行目:
 
[[Image:Coin.jpg|thumb|ライバルのコインパーキング社による駐車場。安価が魅力。]]
 
[[Image:Coin.jpg|thumb|ライバルのコインパーキング社による駐車場。安価が魅力。]]
   
'''月極駐車場'''(げっょくちゅうしゃじょう)とは、'''月極グループ'''により経営されている[[駐車場]]である。フランチャイズ方式で「月極」ブランドの駐車場チェーンを展開。
+
'''月極駐車場'''(ぎめちゅうしゃじょう)とは、'''月極グループ'''により経営されている[[駐車場]]である。フランチャイズ方式で「月極」ブランドの駐車場チェーンを展開。
 
 
 
== 月極グループとは ==
 
== 月極グループとは ==

2007年11月21日 (水) 18:26時点における版

ひよこ陛下
秀逸な記事
この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
月極駐車場株式会社
種類 株式会社(非上場)
本社所在地 104-2221
埼玉県さいたま市浦和区仲町3丁目12番10号
設立 1894年(明治27年)1月4日
業種 駐車場管理・土地開発業
事業内容 駐車場管理および開発
資本金 1300億3000万円
売上高 非公開
従業員数 20000人(推定)
決算期 3月
主要株主 非公開
関係する人物 月極家
初代会長:月極正太郎
一般的な月極駐車場
ライバルのコインパーキング社による駐車場。安価が魅力。

月極駐車場(つきぎめちゅうしゃじょう)とは、月極グループにより経営されている駐車場である。フランチャイズ方式で「月極」ブランドの駐車場チェーンを展開。

月極グループとは

月極グループは、日本を代表するの企業の一つ。駐車場業界最大手企業

そのルーツは明治時代まで遡る。現在の埼玉県に住んでいた大地主、月極正太郎が、馬車の停車場所に困っている貴族に自分の庭を提供したのが始まりとされる。太平洋戦争中は戦車の駐車場や、飛行機の留置場又は滑走路として旧日本軍に土地を提供し、政治的な接点を作ることに成功。戦後は自家用車の普及により駐車場の需要が高まったことから、月極グループは大きく成長する。近年では多角経営に乗り出し、駐車場の他にも「月極マンション「月極アパートなど、不動産利用のノウハウを生かした様々な事業を展開している。

月極グループの会長は、先祖代々、月極正太郎氏の直系の子孫が就任することに決まっている。現在の会長は、月極曜子氏(六代目)。現社長には曜子氏の長男である月極満(みつる)氏が就任している。

日本国内で最も多くの土地を持っている企業とされ、その土地面積は全て合わせると、埼玉県の面積に匹敵することを示すデータがあるという。日本指折りの大企業であり、多くの人が名前を知っている企業ではあるが、上場せず、株主構成及び売上等も非公開のため、その実態は世間に広く知られていない。一説では、月極グループ社員は日本全国に2万人いるとされ、平均年収はゆうに3000万を超えるとされている。しかし、採用も非公開で行っているため、実のところどうかは不明である。

また、その知名度及び日常生活に密着した同社の業態から、同社・サントリー・竹中工務店を指して「未上場企業の御三家」と呼ぶこともある。

駐車場戦争

明治の創業以来、月極グループは駐車場業界において、圧倒的最大手の地位を保ってきたが、2004年5月、利益率の面では業界二位である外資系業者のコインパーキング社に抜かされた。

敗因は、都市集中型の経営を行っているコインパーキング社に対し、月極グループが首位の立場に甘んじて、しっかりとした経営方針を行っていなかったこととされる。「いつも何度でも」という経営方針を掲げ、いつでも誰でも何度でも時間制で利用できる駐車場を提供するコインパーキング社に比べ、決まった相手にだけ決まった場所を契約制でのみ貸すという、昔ながらの暖簾商売に依存した月極グループの経営方針も、敗北要因と言えよう。著しい利益率のダウンを受け、五代目会長月極勇作氏は会長職を辞任、2005年8月に、勇作氏の妹である曜子氏(現会長)が就任した。曜子氏の再建下によって、利益率はやや上向きにはなっているが、まだコインパーキング社には追いついていないというのが現状である。

しかしながら、利益率の面では抜かされても、アナリストが推定している利益額においては、圧倒的な強さでコインパーキング社を寄せ付けないため、月極グループが業界一位の座から転落することはしばらくは無いであろうと、専門家の間では予想されている。また、駐車監視員制度が始まったことにより駐車場ビジネスはさらなる発展が期待されており、スケールメリットの面で同社はもっとも恩恵を受けるのではないかと分析されている。

月極グループにまつわる噂

  • 社員は等しく会社に忠誠を誓わされる。
  • 入社時には、「社内の実態は一切外に漏らしてはいけない」という契約書にサインをして、初めて入社を認められる。万が一この掟を破った場合、その社員は3日以内に消されてしまうという都市伝説が存在するが、月極グループ側はこれを否定しているため、真相は不明である。
  • 月極一族は大変激しい財産争いを繰り広げることで有名。いままで五人が財産争いの為に命を落としたらしい。
  • 四代目会長、月極一朗氏は、現会長の曜子氏に殺された、という噂がある(一朗氏の死体が発見された直後、曜子氏の服の袖から、一朗氏の大量の髪の毛が見つかったという情報もある。しかし、一朗氏は心臓発作による病死とされた)。
  • 政財界と非常に深いパイプを持っており、駐車監視員制度の制定にも大きな影響を及ぼしたとの噂もある。
  • 最近、台風一家との対立が深まっているという噂が広がっているが、詳細は不明である。

関連項目