「岡崎市」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(+DEFAULTSORT、+temp)
(Detailed Edit)
21行目: 21行目:
   
 
{{日本の都市}}
 
{{日本の都市}}
  +
 
{{DEFAULTSORT:おかさきし}}
 
{{DEFAULTSORT:おかさきし}}
[[category:愛知県]]
+
[[Category:愛知県]]

2007年10月29日 (月) 21:46時点における版

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡崎市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岡崎市」の項目を執筆しています。

岡崎市(おかざきし)は、江戸幕府を建てた徳川家康の生地である。「トヨタ王国」と呼ばれる愛知県中部に位置する。

八丁味噌

岡崎は八丁味噌の発祥地。市内には八丁味噌メーカーも多数存在する。

しかし、近隣の名古屋が「八丁味噌の発祥地は名古屋だ」と言わんばかりの態度なので、岡崎市民は名古屋市民に抗議している。岡崎市内の八丁味噌メーカーは、八丁味噌ブランドを岡崎に限定するように要望を出している。

岡崎と徳川家康

  • 江戸幕府を建てた徳川家康が岡崎出身なので、「江戸を造った者は岡崎市民だ」という自負が強い。一方で、江戸を東京に改名した者が萩市民なので、萩市に対しては「東京を造った者は岡崎人だ」と抗議している。
  • 徳川家康が静岡から東京に転入したのは、北条家が豊臣秀吉に倒された時であり、それ以前の東京は北条早雲の地盤だった。そして、江戸城を建てた太田道灌は、北条早雲の子分であった。このため、北条早雲の本拠地だった小田原では、「東京を造った者は、岡崎人じゃなくて小田原人だ」という声もあり、時々諍いになる。
  • 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康は、俗に「三英傑」と呼ばれているが、信長と秀吉が尾張国出身だったのに対して、家康は西三河の岡崎出身である。このため、「名古屋まつり」で徳川家康が名古屋出身であるかのような扱いに対して、岡崎市民は「ぱくるな!」って猛抗議している。

西三河での地位

愛知県中部は、歴史的には「西三河」、外の地域からは「トヨタ王国」と呼ばれているが、西三河の霸権を隣町の豊田市と争っている。

西三河地域の都市なので、岡崎市内にもトヨタの工場が列んでると思われがちだが、岡崎市内にはトヨタの工場は無く、三菱自動車の工場が建っている。これは、トヨタが勢力を伸ばす前は、三菱自動車の勢力が強かったため。ただし、隣町が「トヨタ王国」の首都である豊田市なので、豊田市へ通勤する者も多い。

西三河は、「昔徳川、今トヨタ」と呼ばれるように、霸権主義者の地盤になって来たが、権力者と民衆の意識のズレが大きい地域でもある。実際に、徳川家康が支配した頃の岡崎では、一揆が絶えなかったそうだ。