「ミラーマン」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(-Temp AWB)
(こんなクソテンプレートいらん)
1行目: 1行目:
{{過去秀逸}}
 
 
 
[[Image:Mirrorman Uekusa.jpg|thumb|right|250px|ミラーマン公式メモリアルブックより『華麗なる植草盗撮の世界 ミラーマン』]]
 
[[Image:Mirrorman Uekusa.jpg|thumb|right|250px|ミラーマン公式メモリアルブックより『華麗なる植草盗撮の世界 ミラーマン』]]
   

2008年3月23日 (日) 17:57時点における版

ミラーマン公式メモリアルブックより『華麗なる植草盗撮の世界 ミラーマン』
「よかったら僕と一緒に吉原までどうですか?」
ミラーマン について、タケちゃんマン
「ミラーマンのやつ、いたずらばかりしおって!けしからん!」
ミラーマン について、磯野波平

ミラーマン』は、植草一秀が主演し、2004年4月品川駅を舞台に全51話が放送された不祥事、およびその不祥事に登場する変態ヒーローの名。取調べは警視庁ほか。

ミラーマンの女子高生への痴漢行為による5分間の帯番組『ミラーファイト』が、2006年9月13日午後10時ごろに京急線の品川駅~京急蒲田駅間の下り快特電車内で再逮捕された。

作品の解説

2004年に品川駅で逮捕された本作だが、実は初逮捕の数年前から既に痴漢行為そのものは存在しており、様々な紆余曲折を経て初逮捕された作品である。またパイロット版も存在しているが、出演者・ヒーロー・のぞき方のデザイン・ストーリーのコンセプトなどが植草版と大きく異なっていた(主演・田代まさし)。

ストーリーは、当初は女子高生のパンツや一秀の内面的な性欲が強調されており、このタイプのヒーロー番組としては珍しくリアルでエロスなムードが漂う展開が続いていた。また、主人公が一切の性器を用いずに手鏡(植草鏡)で女子高生に立ち向かう経済評論家(パンツの捜査と検証等が主な任務)であるという点も初期の特徴であり、自分の性欲に対してなかなか抵抗できないというエピソードも多々描かれている。こういった演出が影響したかは定かではないものの、第一回の視聴率を最高として視聴率は序々に低迷、さらに裏番組に『シルバー田代』(皮肉にも、その主演はパイロット版の主人公役・田代まさしであった)が重なってしまったために視聴率を独占することができず、お互いに熾烈な視聴率争いを展開することとなった。その結果としてシルバー田代は『シルバー田代・神すぎ』とタイトルを変え、主人公を男湯ののぞきで再逮捕させることで強化を図った。これに対抗する形でミラーマンもその作風を変化させてゆく。

そして、2クール目と3クール目の境目の回にあたる第26話をもってミラーマンの世界観はガラリと変わる。まず、家宅捜査により大量の痴漢アダルトDVDが没収され、痴漢マニアとしての側面を持つようになる。これを契機に、作風は敵の侵略活動よりも植草と警察との総力戦が多く描かれるように変わり、それに伴って警察による植草鏡の没収など、ミラーマンがピンチに追いやられることが増えていった。そして第26話において、ミラーマンは電車内の痴漢行為で逮捕され、当初は持っていなかった弱点が付加される。これはミラーマンに不足していた痴漢性を補う目的で施行された強化策である。泥酔状態で17歳の女子高生の臀部を執拗に触ることで、ミラーマンの痴漢性は格段にアップした。

しかし、最初期のころのミラー関連やソフトなタッチ(※おさわり)のエピソードは激減し、ややハードコア的ともいえる展開が増えていった。だが、番組の基本的なフォーマットを完全に崩すまでには至らず、逆にミラーマンを代表する名作猥褻行為が多数生まれるきっかけにもなった。視聴率も次第に持ち直し、一定の人気を得るようになる。続編も企画されるが、こちらは残念ながら再々逮捕されること無く終わった。

このように視聴率的な苦戦や再逮捕など様々な困難に直面した本作であるが、事件・犯罪が乱立している時期においては十分な人気を得た不祥事であったといえる。

ミラーマン

2次元人(ミラーマン)の父と3次元人の母の間に生まれた、植草一秀(演:本人)が「ミラー・ピープ」の掛け声と共に、鏡や水面などの光を反射するものを介して女子高生のパンツを覗き込む。地球を狙う侵入者:インベーダーから母の生まれ故郷、地球を守るためにインベーダーが送り込む、またはインベーダー自身が変身した女子高生のパンツを覗き込んだ。

鏡や光を反射する物を使って女子高生のパンツを覗くことが可能であるが、反面、空を飛ぶことはできない。

弱点は、鏡の中(おそらく二次元の世界とは別の空間)に映った女子高生のパンツを長時間覗き続けることであり、彼の父親はこの弱点を利用されて逮捕されたらしい。ミラーマンもこの弱点を突かれて逮捕の危機に立たされるが、父の助言によって無事保釈されている。

必殺技・特殊能力

  • ミラー手鏡
    最も使用頻度の高いミラーマンの光線武器。白色の手鏡を女子高生のスカートの下に潜り込ませるもので、第1話においてパンツの覗き方のわからないミラーマンに、父親が覗き方を教えた技である。最初期は本番の技として使われていたが、中盤以降は前戯としてパンツを覗き込む程度にしか用いられなかった。
    ミラー手鏡シュート
    ジャンプして空中からミラー手鏡で女子高生のスカートの中を覗き込む技。初使用は第3話である。片手で覗き込むときと両手で覗き込むときの2パターンがあり、後者のほうが威力が高いようである。ミラー手鏡と同様に使用頻度の高い技である。
    ミラー手鏡スライサー
    女子高生のパンツを切断するカッター手鏡。水平切りのスライサーHと垂直切りのスライサーVがあり、同時に使うこともあった。初使用は第5話で、チェック柄のスカートを穿いた女子高生のパンツを切断するのに使用された。
    ミラー手鏡・アイビーム
    目から放つ覗き光線。第3話で女子高生のパンツを覗くのに使われて以来、度々使用された。また、第50話では目から赤色のショック光線を放ち、女子高生の下半身に履かれたパンツを分離させた。
    ミラー手鏡ハレーション
    第7話でガードの固い女子高生のパンツを覗くのに使った技。手鏡の光を利用して女子高生にショックを与え、その隙にパンツを覗き込む技である。
    シルバータッチ
    最高の威力を誇る必殺技であり、初使用は第12話。強力なフィンガーテクで、多くの女子高生の臀部を触った。ただし、周囲の不審を一気に集める技であるため、使用後は速やかに現場を離れなければならない。命中した女子高生のほとんどは心に致命傷を負っていたが、品川駅~京急蒲田駅間の下り快速特急電車内の17歳の女子高生だけは倒せなかった。
    ミラー手鏡キック
    第28話でミラーマンが両腕にダメージを負い、主要な手鏡を封じられ危機に陥った際に思いついた必殺技。女子高生の頭部を蹴り落としてパンツの中を覗き込む技であり、第28話~第30話で使用された。
    ミラクル・タッチ
    第31話でミラーマンがあみ出した必殺タッチ。ビジュアル的にはミラーキックと大差ないが、威力はこちらのほうが高いようだ。また、第36話では自分の陰部と女子高生の乳首を同時に触る(女子高生の乳首は2つあるので、実質3つを同時に触った)という荒技に使用された。

関連項目

外部リンク

Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「ミラーマン」周辺は治安が悪化しているため、渡航の是非を検討してください。

関連項目