ドラえもん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2006年8月14日 (月) 07:17時点におけるAsakaze (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドラえもん(どら衛門)は、一匹のの名前である。但し、当人が「狸」と言われると激憤するため、対外的には「」という事にしている。

ある日、特定の少年の前に姿を表し、その家に住み着くようになった。どこかからくすねた道具を用いてその少年を助けようとするが、逆に少年を駄目人間にしてしまう礼が多々発生したため、「どら息子にする狸」の「ドラ」と江戸時代の人間に多く見られた名前の「衛門」をくっつけ、「どら衛門」と呼ばれるようになったとされる。

別説では、懐に凄いものをいろいろと忍ばせているため、名古屋語で「すごい物」を意味する「どえりゃあもん」がなまって「どら衛門」になったととするものや、銅鑼の形をしたお菓子である銅鑼焼きを好むため「銅鑼+衛門」で「どら衛門」になったとする物もある。

前述したとおり、懐にさまざまなものをいろいろと忍ばせているが、肝心の時に必要なものを出せない事が多い。持っているものの中には、凄い物ばかりではなくがらくたが多く含まれている。トイレットペーパーなど、何で日常的にそんなものを忍ばせる必要があるのかは不明である。

関連項目